« 「すいません」と声をかける女性 | トップページ | 熱いぞ木村剛、または老師の野暮な話 »

くだらない事

匿名の人はコミュニティを壊す権利を持っているのか?
非常に、くだらない内容である。

終わっています。

「実名の人はコミュニティを壊す権利を持っているのか?」
「実名の人はコミュニティを創る権利を持っているのか?」
「匿名の人はコミュニティを創る権利を持っているのか?」

いずれも答えは出ません。

 こんな権利を持つかどうか。誰にも分かりません。
実名か匿名なのかは実は関係ないと思います。

 こういう題名を作る自体が木村剛さんの限界だと思います。

非常に混乱を招きトラックバックも付き、サイトの露出度は増えるでしょう。
 
結果、この答えは悩む必要も永遠の議論も不要である。

「木村剛さん、トラックバックついてオイシイね」
がこの題名の答えである。


 もう少し有意義に行きましょう。

匿名と実名どちらがいいですか?にしましょうか。
これは”トラックと乗用車どちらがいいですか?”に近い。

「使い分けてください。」
以上。


コミュニティを創るべきですか、壊すべきですか?にしましょうか。
これは”自然”に近い。

「壊れる時は勝手に壊れますし、出来る時は勝手に出来ます」

支配的に管理しようとすれば、時間と労力の無駄に終わるでしょう。
自然は偉大なのです。きっかけを放つくらいしか出来ません。


木村剛さん、反省しましょう。
コミュニティを支配しようとするなら痛いしっぺ返しを食う事になります。


真面目に読んでいる人向けでは

匿名と実名の違いが分からず騒いでいる人や欠点や利点を理解されない人。
言うなればトラックで乗用車の得意な事を無理にしようとする人。
それで不利な事が起きてもしょうがないです。

実名のコミュニティがあってその欠点を理解せず、匿名の意見を
誹謗中傷と騒いでも何もなりません。「リスク戦略が取れていない」

木村さんはまだネットに慣れていない。
例えば、経済の仕組みを知らないで財務のコンサルタントが出来るのか?と
言う事と同じである。気軽に投資をしたら、問題が起きるのと同じである。
気軽に実名blogでも同じである。いくら木村さんが経済に明るくてもネットはまだまだである。
馬鹿にしすぎである。
脇が甘いとしか言えない。

木村さんはblogを続けるならネットに関する良いコンサルタントに相談を受ける体制を作った方が良い。
又は既にコンサルを受けているなら、悪い事は言わない早急に担当を変えるべきである。


また「H」さんは実名であるなら、「木村さんの記事」を上げるのは慎重でなくてはならない。
それで反応が悪く、変な意見が来て
受け止められなくて精神的に参る、被害を受ける。「木村さんの記事」を
支えられないのなら、それは止めれば良い。
(「H」さんは木村さんではないのだから、木村さんの尻拭いまでする必要は無い)

木村剛さん関係の過去ログも消して良い。

ここで「ちょっと待ってくれ!」と問題定義するのは
継続的に困る木村剛さん、”だけ”である。(ここが重要)

それは「H」さんは、ちょっと泣くかもしれないが
明日からご飯が食卓に上がらなくなる、命の危険が出る。そんなことはないのである。
閲覧者も同様である。

まずは、木村剛さんは、他人が木村さんの記事を上げること話題を上げることにより
記事を上げた人に対して批判より利点が高まる仕事をしないといけない。

「ああ木村剛さんの記事を載せると良い人ばかり訪れてくれる」

そうならなくてはいけない。

そうしないと木村剛さんの食卓に、ご飯は必然的に上がらなくなるのである。
この一連の騒ぎは「最終審判」であった。

|

« 「すいません」と声をかける女性 | トップページ | 熱いぞ木村剛、または老師の野暮な話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27081/567699

この記事へのトラックバック一覧です: くだらない事:

« 「すいません」と声をかける女性 | トップページ | 熱いぞ木村剛、または老師の野暮な話 »