« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

VF4(FT)ファーストインプレッション

老師です。

Virtua Fighter4 Final Tuned プレイしてきました。

あまり変わっていないと言うのが正直な所です。
しかし舜帝 大幅に強くなっている感じです。
今回期待できます。

個人的に楽しかったのはチャレンジモード。
一人用が楽しい。良かったのが「キャンセルできる状態で倒せ」である。

とにかく色々な技がキャンセルでき、キャンセルすると、どんな体勢からでも普通の構えに
瞬時に戻る。まるで昔の香港映画の早送り格闘シーンのようである。


今回CPUが強くなっていると言う事だがしゃがみダッシュで開幕ちょっと下がるようである。(やれやれ)
丁度人のようでありえない反応(超反応で返してきたり、ずっとガードだったり)の落差が無く安定している。
納得のバランスである。


新技の6P+K+G Pは一杯飲みながら突きを出す技。私が個人的にしていた方法が採用されて良い。
レバーで左右のお爺ちゃんワンツーが続く連続技になるところがお茶目である。
対戦相手の近くで堂々と一杯飲んでやろう。一歩くらい前に進むので間合いに注意。

張果老もより使える技になった。以前はどうしても上級者のスピードに技性能自体が追いついていなかったので
限定的にしか使えなかったが普通の攻防に使えそうである。
新技の46P+Kは張果老を突然出せる技なので使える場面を探っていきたい。今日から君も一本足仙人だ!。


金色連携FTも一部掴んでいる。どんどん公開して行こうと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

VF4ファイナルチューンド間近

老師です。

いよいよVirtua Fighter4 Final Tuned(VF4ファイナルチューンド)公開近くになりました。

広島GIGOでも「7月15日から店頭に入る」と張り紙が出ています。
いよいよです。

古参の方の練習も目立ち始めました。

老師もプレイしてみる。

すると元舜帝ホープ樹海さんがレイフェイをプレイしていた。
「これからは坊主ですよ!」というお話。(この前は「これからは柔道ですよ」だったよね・・・)
 とにかく4連敗。

それとハイパー仙人★申公豹 10段パイに負ける。
やはりパイ強い。相性悪い。

よろしくありません。

 ゆっくり隠居しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

livedoor好きじゃない

老師です。
署名で書く記者の「ニュース日記」で見たが

老師もlivedoor好きじゃありません。

以前EUDORA(メールソフトの一種)を使っていました。
livedoor(ライブドア)にサポートが変わってから、頼んでもいないのにドカドカ広告メールが来ました。
(以前のサポートはこんな事は無かった。)
それも、しつこい。止め方も分かりにくい。

それで嫌気がさして
「もうEUDORA使わないから全部 個人情報削除してくれ、これ以上やったら訴える」と
メールをしてやっと止まりました。

 さらに今度はOPERA(ブラウザの一種)です。
今度は元代理店のトランスウェアと、もめました。すんなり移行せず、
OPERAのノルウェーの開発元が「ご迷惑をおかけした」と声明を打つ始末…。
 いまだにサポートがどうなるか分からない状況。

 断言します。老師はlivedoorから良い事をしてもらった事は無いです。
livedoorが介入して、むしろ悪くなった事が多い。
 
 老師はlivedoorに投資することはないし、今投資している人はこのように
根強い批判派がいることを気づくべきである。

 現実に置き換えると良く分かる。
  livedoorにサポートが変わった途端、
  メールソフトはネットの郵便受け、そこにドカドカ広告が入る。
 ブラウザはネットを見る乗用車みたいな物、その元販売代理店がもめて
 アフターサ-ビスもどうなるか分からない。いかに尋常でないか分かる。

 知らないで投資しているのなら負の株主責任は今後存分に味わえるだろう。

 株主の方は株価に一喜一憂するのではなくlivedoorのこの浮ついた面を
 正して欲しいと思う。(そんなことは気にしていないので無理かな?)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »