« 私ならこういう会社を作る | トップページ | 良い手袋 »

頑張れ「老四川」

老師は、四川料理も食べる。

辛い物は特別好きではなかったが、老四川の麻婆豆腐は
特に好きだった。2年位前から通っている。

麻=山椒のピリピリ感、清涼感 と唐辛子の辛さ、香りが絶妙であった。
化学調味料臭くなく、日本の中華みたいに醤油を使わないので
一種独特の美学があったと思う。(感心していた)
中国に行っていた年配の日本人も懐かしがって食べる良い客層。
四川の風があった。外からでも独特の香辛料の香りがした。

 
 今、どうも変なのである。麻婆豆腐は前ほど辛くなく、何より香りが無い。
 料理全般が雑。昼の定食もあまり美味しくなくなった。

 何度か色々な料理を試したが、いずれもおかしい。
 またメニューにはあるが頼めない料理も増えている。(前は変わった料理も出来た)
 やはり全般的に味が落ちている。

 また女性店員にからむ変な客も増え、どうなっているのかと思う。
 店長も表情が暗い。

 また一つ良い店が消えるのか?
 心配である。

 変な客が「辛い」とか文句を言って味を変えたのなら、それは止めた方が良い。
 辛くない四川料理は四川料理ではない。その客には良いだろうが、老四川のためにならない。
  
 提案だが、通常メニューのに、「辛さ本格味」でもランク(少々割増でも可)を作って
 いきなり本格的な辛さ、香りに最初の客がビックリしないようにしたらどうだろうか?
 (慣れてから挑戦してもらう)

 今の香り、辛さは一般お店並である。そして味は、町の売れない定食屋並である。
 このままではいずれ誰も来なくなるだろう。
 頑張って欲しい。

|

« 私ならこういう会社を作る | トップページ | 良い手袋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27081/2337941

この記事へのトラックバック一覧です: 頑張れ「老四川」:

« 私ならこういう会社を作る | トップページ | 良い手袋 »