« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

流行屋 移転

つけ麺の流行屋が移転した。

関連記事:広島のラーメン、つけ麺

「流行屋」の移転先を知りたければ、こちらをクリック

先日、いつものように駅前を訪れたら移転のお知らせがあった。

移転先は広島市中区の国泰寺町。

店の中は以前より綺麗になったが雰囲気は変わらない。
メニューも若干増えたようだ。

ご主人は相変わらずである。

味も全く変わらない。

安心した。

近隣はホテルや役所など多数あり。近くに寄られた時は是非試して欲しい
つけ麺である。

tukemen1

郵便局前を南に進む。最初の角を左に曲がる。



tukemen2

まっすぐ進むと、このようにグラウンドがある。この角を右。


 
tukemen3

これが移転先の新流行屋である。
(撮影日は風が強く暖簾がからまっている。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

格闘新世紀Ⅲ バージョンB

老師です。

いよいよ格闘新世紀Ⅲが開催である。

舜帝もバージョンBになっても
あまり違いがないようである。

是非参加したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イタリアン レストラン

手軽に食べられるのがイタリアン レストランの本来の姿だと思う。

広島にも良いイタリアン レストランがある。

今回のお勧めは、広島市白島にある
 「AQUA CENTURY(アクア センチュリー)」である。
 3年近く通っている。一時、味が落ちたこともあったが
 最近また良い感じである。
 潰れては困るので紹介する。
 (味は落ちていないのに近頃、人が少なく困ったものだ)

 イタリア政府公認など超本格的なイタリア料理ではないが
 パスタ、ピザともにレベルが高い。
 近所のおばちゃん、家族が食べに来るなど、そういう飽きない味である。 
 
 同じ金額を払うならMARIO(広島にあるイタリア料理チェーン)
  と比べても量、質とも上と私は認識している。

 感じは、と言うと
 ご主人一人でされているので、
 大人数で訪れる所ではなく、少人数でこっそり食べるのに良い所である。
 ちなみに人が多いと待ち時間が必然と長くなるので、この点も許せる人でないといけない。

aquacentury

 概ね17時くらいから22時くらいまでの営業。白島NTTクレドビルの北側裏にある。
 駐車場はない。 NTTクレドビルにでも駐車することになる。
 月曜日は定休日である。イタリアの旗が目印。
 こっそりのぞいてみてはいかがだろうか?

「AQUA CENTURY」の場所を知りたければ、こちらをクリック


ピザとか苦手な人もここのは、いける。私もそうだった。


「教えずにはいられない、お気に入りのお店」への投稿です。

2009/02/01
店の名前が「ALVERO」変わっていた。味は変わらず腕も落ちていない。
シェフも本格的になっていい感じである。お勧めできる。

関連記事:あのイタリアン レストランが進化

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイガー&ドラゴン

老師です。

「タイガー&ドラゴン」観ました。

とても、しっかり構成されていて、面白い話を見たな~と思えるドラマです。

なかなか2時間ドラマで、ここまでうまくいっているのは少ない。

 一体誰が脚本を書いたのか思いましたが、かの有名な宮藤官九朗さんですか、
今まで氏の作品は見たことが無かったのですが納得です。

 また長瀬さんの演技が良かった。ジャニーズTOKIOの長瀬さんだとは気づきませんでした。

 熟成させ良い話が出来るようだと続編も良いですね。
(無理に作っていわゆる面白くないパート2を作らないで欲しい)

 またエキストラで参加されている人のblogも見つけた。
VIVID NEWS (ビビッドニュース)前半
後半
こぼれ話

 良いドラマは、やはり
 ”無理なく、気持ちよく、効率的に建築のように”出来上がっているようである。

 (日本映画によくある計算せず永遠と時間を使ったり
監督の独りよがりになったりする物は本当に困る 観るのがつらい)
 
 日本の映画もこれくらいやれば良いのにね。
 
 良い話を久々に見たという気持ちである。

 これは、お勧めドラマだ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

やや味改善「老四川」

麻婆豆腐は少し味が改善したようだ。しかし前ほど香り高くない。今はピーナッツを使っているようだが、これは以前はなかった。前は丸い小さな木の実のようなスパイスを使っていたような…。まだ油断ならない。見守っていきたい。050106_22090001.jpg
今年も色々レポートしていきたい。いつも楽しみに参照してくれる皆様
ありがとうございます。今年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »