« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

iPod課金について 新しい音楽時代への希望

老師です。

Solid Inspiration Blog
を見て考えた。

今回は音楽の話である。

いきなりだが
iPodへ課金は駄目と考えます。

もう時代に合わなくなっている。


理想では昔は
そもそも音楽団体は広く多くの人に
楽曲を広めるために必要だった。

伝播の過程でみんなが勝手に自分が作曲したように盗作してしまうと
良い曲を広く公開することを芸術家がしなくなってしまう。
この仕組みの理想は、
「より多くの人へ良い曲を広める為」にあるのである。
(金をぶん取るのが目的ではない)


しかしネットが広がると、自分で曲を公開できるようになった。
しかも伝播ではなく直接、多量に渡すことが出来る。
現在は「より多くの人へ良い曲を広める為」という大儀は
簡単に実現できる。良い時代になったものだ。


現在の音楽団体は意識をしなくとも制限を与えようとし弊害になっている。
本来は、より公開するするための団体だったのに逆のことをしているのだ。


つまり旧来の音楽作曲家が足回りに使っていた団体は不要になる。
代わりに、ISPや回線使用料、セキュリティソフト、音楽PC機材メーカ等が
足回りに必要だが
お金はずっと少なくて済むか限りなく無料に近づく。

やっと音楽は多くの思惑やお金の上を走らなくて良くなるのである。

もっと進めると
これからは音楽芸術家と消費者は楽曲はネットで自由に無料で公表し
互いに立場を変えながら高めあう世界が出来ると思われる。
つまり専門の消費者、専門の音楽芸術家はというものはなくなる。

課金があるとすれば、
1.作曲者、演奏者への敬意
2.リアルで聞くための楽器提供や音楽芸術家を支援する施設(ホール、宿泊施設)
  を建築する資金

となるのではないか。

どれだけ広く、すばやく曲を広めることが出来るのか
これが今後の音楽芸術家の評価に繋がるだろう。

また新しい業界(ISPや回線使用料、セキュリティソフト、音楽PC機材メーカ等)も、
個々に著作権保護などの制限を組み込むことに労力を
注ぎ込むのではなく、
「リアルで聞くための施設、機材などに寄付を行う」ようにしなくてはならない。

その音楽施設は、広く門戸を公開しネットで有名になった人たちに
リアル発表の場所を演奏者に無料提供する。
入場料は取り演奏者へ基本的にすべて与える。

加えて政府も、新しい業界が寄付をしなくては税金を高くするなど良い仕組みづくりをしなくてはいけない。
そして施設と施設利用者から税金を徴収する。


 ネット→リアル→ネット→リアル
 という連鎖は音楽文化を発展させる。

楽曲がネットをすばやく駆け巡り、リアルで音楽を楽しみ、さらにそれがネットへフィードバックされ
さらにリアルで精度が高まる風土を作ると思われる。

このように加速すれば業界も機材が売れ利益を得ることとなる

当然政府も寄付分を差し引いても税収が増える。

施設も演奏会を開けば開くほど利益になる。

音楽芸術家も門戸が開かれる。


丸く収まると思うのだがどうだろうか?

以上を実現するにはコピーコントロールやiPod課金などの制限は足かせになるだろう。
歌は自由に歌え、音楽は自由に演奏できる世界が本来の姿ではないだろうか。

新しい音楽時代への希望をつぶしてほしくないものである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

祝!開局 ネットラジオ「むてきんぐのぶち切れ音源集」

老師です。

先日、紹介した
「むてきんぐの恋愛中毒講座」の中にある
「架空請求業者との熱き口論バトル!」

がパワーアップして、ポッドキャスティングになった。
↓↓↓

むてきんぐのぶち切れ音源集
むてきんぐの戦いの日々をお送りしていきます!
である。



 私の勘は当たっていたようで、やはりポッドキャスティング向きの方である。
 凄いです。「むてきんぐ」さん。大手以上です!

私は、最近ラジオはあまり聞かない。
それは個性のない、ラジオっぽい、雛形に入ったしゃべりをするパーソナリティーが近頃多いからである。
(変なポップミュージックや洋楽を紹介する番組に多い。聞いていて辟易する。まるで全員同じようである。
きっと番組を作りたいのではなくてパーソナリティーという雛形になりたいのだろう。)

 その点、むてきんぐさんは、声も良いし、しゃべり方も雛形に、はまっていなくて良い。
 (無理にラジオっぽいしゃべりにしなくて良いのでは?)

 人は何か一つ才能があると言われるが、
 むてきんぐさんはきっとパーソナリティーの才能がある。

 私がネットラジオを行うときには
 むてきんぐさんにパーソナリティーを
 お願いしたいものである。

 開局おめでとうございます。
 応援しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャボン玉石けん (肌荒れ手荒れに悩んでいる人に)

老師です。

紹介し忘れていたので紹介する。

シャボン玉石けんである。

老師は合成洗剤にとても弱い体質である。合成洗剤に触れると手が震えてしまう。
VFも勝率が落ちてしまう。
(私のように反応の遅い人は合成洗剤を身体から遠ざけてみるべきである。
1年くらい使えばジワジワと良くなるはず また家族が手荒れで困っているなら切り替えてみるべきだ)

そこでシャボン玉石けんを利用している。
手も荒れず、最高である。4年近く使っているが無敵である。

良い点:

長持ち
シャボン玉石けんは、ほぼ99パーセント天然石けん成分な為、
風呂場に置いても、短い期間でにグズグズに崩れない。
非常に薄くなるまで無駄なく使える。

幅広い対応性
洗濯(柔軟剤不要 全自動でも4分少ない水で泡立ててから洗濯すればよい慣れれば楽勝。)
、トイレ掃除、風呂掃除
は「シャボン玉スノール」

メガネのレンズ洗い、食器洗い、手洗い、洗髪(使用後は純粋米酢でリンスする)
は「化粧石けんシャボン玉浴用」

髭剃り
は「洗顔石けんパウダータイプボトル」
で完璧である。

色々種類をそろえなくて良いので楽である。

抜群の使い勝手

とにかくよく泡立つ。また油汚れは合成洗剤の数倍落ちると感じる。
なおかつ手に断然優しい。
泡切れが良い。無香料であり変な香りも残らない。

すばらしい経済性

「化粧石けんシャボン玉浴用 100g」
価格(税込) ¥136
すべてはこれが基本。スタンダードで色々使える。
3ヶ月はいける。スポンジにつけて普通に食器を洗える。

「粉石けんスノール紙袋2.1kg」
価格(税込) ¥1,512
核家族なら家事に色々使えて一月は持つ

「洗顔石けんパウダータイプボトル」
価格(税込) ¥840
髭剃りなら少量で良く泡立つので楽勝で2ヶ月以上持つ

石けんの匂いなどが気になる人は
少し高いがEMシリーズを買ってみると良い。
ハイグレードな使い心地である。
これでも合成洗剤と変わらない。

総評

手荒れにになりにくく、経済的、抜群の性能。
いい事ばかりである。
髪の毛にも良い。
(最近黒髪美人が少なく、首筋が荒れている人多いのは
合成洗剤のせいではないか)

何をやっても駄目な人は
だまされたと思ってぜひ試してほしい。
石けんの評価が変わるはずである。

2008/12/18追記
こういう意見もある。
しかし、最近は普通に広島のスーパーでも置いている。
他の純せっけんも使ってみたが、やはりシャボン玉石けんのレベルは高い
(他のは、使い心地がガサガサするし、すぐグズグズに崩れる)。
社長も変わったようだし、堅実な経営を目指してほしい。
商品は悪くない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

架空請求業者との戦いblog

老師です。

おもしろいblogを見つけた。

「むてきんぐの恋愛中毒講座」の中にある
「架空請求業者との熱き口論バトル!」は良い心構えになる。(内容は、R指定並なので子供さんの視聴は注意。)

語り口も独特なので
ぜひ、ネットラジオに進出してもらいたい。

ポッドキャスティングで聞きたい。
きっと人気番組になるはずである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

henckels(ヘンケルス)鼻毛クリッパー長期レポート

老師です。

まずお詫び申し上げないといけない。以前紹介していた

henckels(ヘンケルス)鼻毛クリッパーだが長期(1年)に利用すると錆が出てくるようだ。

理由は、普通鋼であることとメッキが甘い事である。
商品通り説明通りメッキがかかってはいるのだが、メッキが甘くメッキの部分にも錆が出る。
なおかつ一番大事な刃の部分にはメッキがかかっていないので錆で動かなくなってしまう。

特別荒く使用はしておらず、油を差し掃除を毎回していても、この有様である。
henckels
henckels2


これでは、せっかくの性能も台無しである。
とても逸品とは言えないので紹介から外すことにした。

今後は逸品の選定は、より慎重に行いたい。

 現在、代替商品をテスト中である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Palm CLIE PEG-650C を購入

老師です。

ついにPalm m105の液晶が黒くなり始めた。もうこうなるとm105は限界である。
3年あまり、m105はとてもよく働いてくれた。十分元は取った。
ありがとうと言いたい。

関連記事:
Palm m105 キャパシタ交換

Palm m105キャパシタ交換・作業
       

そこで後継機として、米国Palm社のTungstenE2も考えたが、値段と日本語化の不安から
見送った。

というのも中古で状態の良いCLIE PEG-650Cを見つけたからである。
TrainTime TodoLuncher メモ帳 予定表 辞スパ pook位しか使わないので
割り切って¥13,000で購入した。

clie-peg-t650


コレクション用だったのか新古品なのか、あまり使われていない様子。

CLIEは批判も多く、敬遠していたが、手にとって見るとやはり問題が多い。

-感想-
機種の基本、基盤がなっていない

まず基本の 4つのボタンと上下ボタンが致命的に押しづらく使いにくい。
こういう基本操作は何千回何万回繰り返すのでここまで使いづらいと
もう製品欠陥である。
当時値段が最大2倍以上だったm105以下である。

複雑なインターフェースの「おもちゃソフト」が多く実用度が低い。
付属の辞書は辞スパ以下で、まるで使えない。

ンとソが似ているフォントでンとソが判別不能。
山田氏サイトの修正ソフトで直したが、日本製ハードなのに変な話である)

上記問題を解決しないまま、「デザインだ エンターテイメントだ」などと
強弁したので失敗したのだなと感じられる。
CLIEで行った基本、基盤を大事にしない企業姿勢、企画は本当に”格好悪い”と思う。
後々のSONYの凋落、退廃が見える機種である。(ツボを外している)


きっとCLIE PEG-650Cを買った人は複雑で、面倒と感じたはずである。
1円あたりの機能から比較すると
ずっとm105のほうが簡単で楽に使えコストパフォーマンスが高い。
(同じPalm機でも、こんなに面倒かと思う Palmを長年使ってきた私が感じるのだから
よっぽどである)


こうすれば良くなる

既に終わっているCLIEだが企画者は
以下を行ってから理想を実現すべきだった。


・メモリーを着実に増す。

・バッテリーの駆動時間を増やす。

・新機種ごとに、もっと薄く、もっと軽くする。

・内臓フラッシュメモリー等で単体で自動バックアップを取れるようにする。

・付属させるなら実用的なインターフェースを持ったソフトを添付。

・しゃれたデザインではなく人に優しいユニバーサルデザインインターフェースを目指す。

・ユニバーサルデザインなGUI、フォントを目指す。

以上を”同時に行う事”がツボであり、エレガントに実現できれば世の中の評価も変わっただろう。

残念である。

とは言え
High Resolutionのおかげで画面は見やすい。大きさもm105位と変わらない。
状態が良く1万円位ならm105の後継機種を探している人には良いだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おいしい二重焼き

老師です。

この度は、広島のおいしい二重焼きを紹介する。

二重焼きというと屋台や祭りで刹那的に出ていたり、どうでも良い店で
いい加減に焼かれB級として冷遇されている甘物だと思う。
(とは言えあまり高級品ぽくなっては本来の良さがなくなる)

広島でも、良い店は残っている。

「ゆあさ 土橋店」である。

「ゆあさ 土橋店」の場所を知りたければこちらをクリック

2008/04/19どうやらだいぶ前に閉店したようだ。
こちらのブログで確認した。残念無念。土橋方向に行く機会が無くなり気づくのが遅れた(不覚!)。広島バスセンター店では私も購入しており味は、あまり変わらないのを確認している。あの土橋のおばちゃんは、どうしているのだろう?

種類は
小豆、白アン、クリーム、さつまいも。秋には栗もあった。
長年食べているが味は変わらない。

いずれも微妙に他店とは異なる味であり時間を置いても、おいしいのが特徴。
皮は絶妙な弾力と切れをもっている。
餡は、ねっとりしていて、やさしい味。

たかが二重焼き、されど二重焼き。
外観は同じようでも、ここまで物が違うのだと認識できる店だ。


yuasa

yuasa2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甘いクロワッサン菓子 (福岡編)

老師です。

既に有名なので知っている人も多いと思うが

福岡 博多駅構内の
「il FORNO del MIGNON」を紹介したい。

いわゆるSweets(スウィーツ)、菓子である。

小型クロワッサンに甘い糖蜜がかけてあったり練りこんであったりする。

似たようなものは何処にでもあるが、まったく味は別物である。
「ああ蜜がけクロワッサンか・・・」と思っている人は試してほしい。

サックリした食感に小気味良い甘さ、良い香りだ。

「プレーン」
ほんのり甘い糖蜜がかかっている。まずは、これで自分にあっているか試すべし。
香ばしさがたまらない。

「チョコ」
チョコが練りこんである。チョコ好きには良いだろう。濃厚である。
ここのチョコは食後も吹き出物は出にくい。

「サツマイモ」
ちょっとかわいくゴマがかかっている。
サツマイモが練りこんでありサツマイモのやさしい甘さを感じる。
祖母にも好評だった。比較的ボリュームがある。


いずれのバージョンもレベルが高い。
数年試食を重ねているが、味のレベルは変わらない。


注意:
量り売りなので値段にも注意。量を買うと案外値段が高くなる。
まずは少量、2~3個プレーンで試し、良いと思ったら10個前後
買うのが良いだろう。(気に入って食べ始めるとすぐなくなってしまうため)

10個くらいになると、かさがあるので、びっくりするくらい袋が大きくなる。
持ち運びが大変である。また重さでつぶれやすく蒸れやすい。
あったかい出来立てを食べたほうが断然おいしい。

上記の理由から帰り際に買うのが得策だろう。


福岡訪問時には、よく買う菓子である。
お勧め!

mignon

mignon2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »