« 祝!開局 ネットラジオ「むてきんぐのぶち切れ音源集」 | トップページ | 新型ロードスター 広島そごうに展示中 »

iPod課金について 新しい音楽時代への希望

老師です。

Solid Inspiration Blog
を見て考えた。

今回は音楽の話である。

いきなりだが
iPodへ課金は駄目と考えます。

もう時代に合わなくなっている。


理想では昔は
そもそも音楽団体は広く多くの人に
楽曲を広めるために必要だった。

伝播の過程でみんなが勝手に自分が作曲したように盗作してしまうと
良い曲を広く公開することを芸術家がしなくなってしまう。
この仕組みの理想は、
「より多くの人へ良い曲を広める為」にあるのである。
(金をぶん取るのが目的ではない)


しかしネットが広がると、自分で曲を公開できるようになった。
しかも伝播ではなく直接、多量に渡すことが出来る。
現在は「より多くの人へ良い曲を広める為」という大儀は
簡単に実現できる。良い時代になったものだ。


現在の音楽団体は意識をしなくとも制限を与えようとし弊害になっている。
本来は、より公開するするための団体だったのに逆のことをしているのだ。


つまり旧来の音楽作曲家が足回りに使っていた団体は不要になる。
代わりに、ISPや回線使用料、セキュリティソフト、音楽PC機材メーカ等が
足回りに必要だが
お金はずっと少なくて済むか限りなく無料に近づく。

やっと音楽は多くの思惑やお金の上を走らなくて良くなるのである。

もっと進めると
これからは音楽芸術家と消費者は楽曲はネットで自由に無料で公表し
互いに立場を変えながら高めあう世界が出来ると思われる。
つまり専門の消費者、専門の音楽芸術家はというものはなくなる。

課金があるとすれば、
1.作曲者、演奏者への敬意
2.リアルで聞くための楽器提供や音楽芸術家を支援する施設(ホール、宿泊施設)
  を建築する資金

となるのではないか。

どれだけ広く、すばやく曲を広めることが出来るのか
これが今後の音楽芸術家の評価に繋がるだろう。

また新しい業界(ISPや回線使用料、セキュリティソフト、音楽PC機材メーカ等)も、
個々に著作権保護などの制限を組み込むことに労力を
注ぎ込むのではなく、
「リアルで聞くための施設、機材などに寄付を行う」ようにしなくてはならない。

その音楽施設は、広く門戸を公開しネットで有名になった人たちに
リアル発表の場所を演奏者に無料提供する。
入場料は取り演奏者へ基本的にすべて与える。

加えて政府も、新しい業界が寄付をしなくては税金を高くするなど良い仕組みづくりをしなくてはいけない。
そして施設と施設利用者から税金を徴収する。


 ネット→リアル→ネット→リアル
 という連鎖は音楽文化を発展させる。

楽曲がネットをすばやく駆け巡り、リアルで音楽を楽しみ、さらにそれがネットへフィードバックされ
さらにリアルで精度が高まる風土を作ると思われる。

このように加速すれば業界も機材が売れ利益を得ることとなる

当然政府も寄付分を差し引いても税収が増える。

施設も演奏会を開けば開くほど利益になる。

音楽芸術家も門戸が開かれる。


丸く収まると思うのだがどうだろうか?

以上を実現するにはコピーコントロールやiPod課金などの制限は足かせになるだろう。
歌は自由に歌え、音楽は自由に演奏できる世界が本来の姿ではないだろうか。

新しい音楽時代への希望をつぶしてほしくないものである。

|

« 祝!開局 ネットラジオ「むてきんぐのぶち切れ音源集」 | トップページ | 新型ロードスター 広島そごうに展示中 »

コメント

Solid Inspiration様 
コメントありがとうございます。

少なくともジョブズ氏は件で問題となっている団体より、まともですね。

課金関係は分かりやすいジョブズ氏へ流れていくでしょうね。

それと比べ日本の有識者の志は小さいですね。これでは遅かれ早かれ淘汰されます。
(本当にPCで音楽を聴いている会議の有識者は何人いるのだろう?)

このまま日本が沈没しては住みにくいので何とかblogというツールを活用し
私は私なりに変えていきたいと思っています。

投稿: 金色老子 | 2005年8月 2日 (火曜日) 午後 11時56分

トラックバックありがとうございました。Solid Inspirationです。

Appleのスティーブ・ジョブズが最初にアメリカでiTunes Music Storeを始めた際に述べた言葉があります。

「われわれは違法ダウンロードと戦う。訴えるつもりも、無視するつもりもない。競争するつもりだ」
http://hotwired.goo.ne.jp/news/business/story/20031017101.html

現時点では違法ダウンロードの数は超えられてはいないものの、着実にiTMSのダウンロード販売数はそれに迫る勢いで伸びているそうです。

日本の著作権団体との大きな違いは"音楽と消費者との関係を考えた「志」"ではないでしょうか。

音楽だけに限りませんが、誰が何を手にしなければならないかを考えて欲しいですね。

このエントリーにあるような大きな展望があれば、おのずと答えは出るはずなんですが…

投稿: Solid Inspiration | 2005年8月 1日 (月曜日) 午後 03時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27081/5241011

この記事へのトラックバック一覧です: iPod課金について 新しい音楽時代への希望:

« 祝!開局 ネットラジオ「むてきんぐのぶち切れ音源集」 | トップページ | 新型ロードスター 広島そごうに展示中 »