« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

ZAURUS SL-C750のiPod化

老師です。

iPod流行の昨今。

ZAURUS SL-C750を
ポッドキャスティングにも活用しようと


ハギワラシスコム コンパクトフラッシュ HPC-CF1GV 1GBを購入した。

Amazonはクレジット以外は代引きしか出来ず
おまけに時間指定できないので嫌いなのだが値段に負けた。

ZAURUS SL-C750でも問題なく認識し動いている。

これで私のザウルスは1GのMp3プレイヤーである。

裏側
hagiwarasyscom
表側
hagiwarasysycom2

このように私の元に届いたものは東芝製のMADE IN JAPANであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「横川サスペンス」完成!

老師です。

先日から、横川商店街が製作していた映画が完成したようだ。

暇があれば鑑賞に行きたい。


yokogawa-cinema


| | コメント (0) | トラックバック (0)

飲み食い処の良店

老師です。

今回は横川にある「源蔵 横川店」をレビューします。

飲み食い処では、こういう店が老師は
好きである。

だいたい11:00から21:00まで、あらゆる時間帯に開いていて
(日曜日は休み)
飲んで良し、食べて良し、宴会して良し、
一人ごはん良しである。

「源蔵 横川店」の場所を知りたい人は、こちらをクリック


広島らしい「小いわしの刺し身」など郷土色もある。

定食から、おつまみまで幅広いメニュー
ダシもちゃんと取ってあり味も良い。

まさに現代の「冒険者の酒場」である。

いつも満員なので、ゆっくり食べたい人飲みたい人は
ごはん時は、少し外された方が良い。

お勧め!

genzou

2013/11/23 一時閉店後本当に閉店されたようだ 広島そごう アクア店に統合となった様子。
残念である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

劇場版Zガンダムのフォウ役を島津冴子さんに戻せ

老師です。

とんでもないニュースが流れてきた。
Zガンダムのフォウ役「島津冴子」さんの降板が不明瞭なことが分かった。

詳しくは↓
劇場版Zガンダムのフォウ役を島津冴子さんに戻せ

これは許せない!こんなことだから日本映画は二流になるのである。
製品品質だけではなく島津さん個人も、かわいそうだ。

老師も製作会社には抗議文を送る予定である。

会社の誠意ある正式な回答を望む。
情報が即広まるネット時代このような対応を放置して許されるはずがない。
説明責任を果たす必要がある。

実は初代ガンダムから製作会社側のファンを大事にしない
オリジナルより品質を下げる稚拙さ(改悪)が出ている。
先日NHKで初代ガンダムの再放送があったがこれはオリジナルで良かった。

初代ガンダム第二部「哀戦士」のBGMがDVD版で変更されていたこと
ランバラルの声が違うことで批判があったように
本当に儲ける術を放棄しているのではという行動は
無能としか言いようがない。

この変な経緯では結果は今回Zガンダムも改悪ではないだろうか!
(スターウォーズで第二部の象徴的な音楽が変わっていたり
 声が変わっていたら誰だって文句を言うだろう同じことだ。
加えて経緯が悪ければなおさらだ。
この点スターウォーズの製作会社は非常に神経を使っている。)


今回も同様にZガンダムというコンテンツのクオリティーを下げることにならないだろうか?
自分たちが売る製品の質を下げるのではないかと思われる行為を不明瞭に行い
保護しない会社は長くない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏に魚介類がおいしい店(福岡編)

老師です。

魚介類は、やはり獲れたて、地物がおいしい。

今回紹介する
夏に魚介類がおいしい店は

福岡の志賀島
「志賀島センター」である。

魚介類料理は素朴だが絶品である。料金もリーズナブルだ。

「志賀島センター」の場所を知りたければこちらをクリック

金印で有名な島でもあるが、国定公園で海も綺麗だ。


広島から新幹線で1時間、電車で30分博多駅から香椎で乗り換えJR西戸崎駅下車、
駅前からバス(勝馬、志賀島小学校前行き)で30分、
正味2時間あまりで到着できる。
(バスの便数が少ないので時間に余裕を持って出かけることをお勧めする。
西鉄バス(勝馬、志賀島小学校前行き)、JR西戸崎の時刻表はネットで事前にチェックのこと。)

レンタカーや自分の車でドライブで来ても良さそうである。


近くは美しいビーチ(砂州のあたりの風景を見るときっと”泳ぐぞ!”とわくわくするだろう。
写真はバスからでは申し訳ない、うまく撮影できなかった。
良い機会なのでディスプレイではなく実際に見て確かめてほしい)
もあり、
泳いで良し、魚、貝を食べて良し。
夏の休暇に最高の場所である。

お勧め!


shikanoshima-center

shikanoshima-center2


shikanoshima-center3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

劇場版Zガンダム 第二部 恋人たち 期待文

老師です。

劇場版Zガンダム 第二部の期待文を書きたい。

「恋人たち」というまとめ方は大変良い。

第一部から推測すると15話から28話位までになる。

フォウとのロマンス
そしてブライトがミライからのビデオレターで涙する所で終わると
感動的である。

恋人達は

アムロ →ベルトーチカ (+ → += +)
ララァ →  アムロ(- → += 0)
(0=死亡)

カミーユ →フォウ (+ → -= 0)

カミーユ →ファ (+ → += +)

ブライト→ミライ (+ → += +)

サラ→ シロッコ(- → -= +)

ヘンケン→エマ (+ → += +)

ジェリド→マウアー (- → -= +)

シャア→ララァ ( - → -= +)


レコア→ シャア (- → -= +)
しかしクワトロとして拒否
(ザビ家は支持しない)

レコア→ クワトロ ( - → += 0)

レコア→シロッコ (- → -= +)


レコアは今回の映画では富野監督はカットしようと思ったらしいが
その悩みは分かる。TV版ではシャアはクワトロとして心を開かず、
レコアを満足させられなかった。
それで裏切りティターンズ シロッコへ走る。
なんとも主人公側とも思えない人である。

しかし視点を変えれば
0になるのでエゥーゴから
出なくてはならず(だから自分ではなくなってしまうと言う)
マイナスのマイナスでプラスになるティターンズへ行くという流れなら
納得できる。

レコアがシロッコに走ることで恋人になるということで対照的で
他の事例が生きてくると思われる。

上記まとまりなら納得できるのだがTV版は
後半が駆け足のせいかレコアは良く分からない
困った人になっている。

この点が映画になり多人数で視聴したとき
耐えられる構成、演出になっているか期待したい。
(第二部では触りのみとなるだろうが)

 また、期待しているのはクワトロとアムロが言い合う時、回想で
出てくる、「初代ガンダムのララアを殺してしまい波が打ち付けてくる描写」
である。
初代の映像であり、当時でも古い描写と新しい描写が重なり面白いと感じた。
また本当にあのアムロとシャアなんだと実感できた。


これが実現すればトリプルで古い映像と新しい映像が重なり
非常に面白い。


また第三部に続くので今後のこともあり、気になるのが
ミネバの扱いである。

私は既に自明だと思っていたのだが、
マニアの方の論評は違うようであるので論争を起こすかもしれないが
(ギレン風に)あえて言おう。

「本当のミネバはZZで出てくるリィナではないかということである!」

そうでなければ、セイラやシャアが
リィナをあんなに大事に保護する意味が分からない。
変に明るいZZの大きなドラマでないかと
私は思っている。「リィナの血」という回もあるくらいですから。
(つまりジュドーは偽りの兄弟。だから木星に行く。
後から出た設定で色々加えられ微妙にはなっているが・・・)


第三部というラストに向けて大事な第二部である。
(案外まとめ作業は難局であると思われる)
後半のまとめ、構成が悪い富野監督なので心配である。

すばらしいラストに向けて頑張って欲しい。

追記:
関連記事:Zガンダム劇場版第二部「恋人たち」レビュー 評価:かなり悪い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新型ロードスター 広島そごうに展示中

老師です。

あまり老師は車に興味がない。
しかしながら広島はマツダのお膝元、広島を活性化させることなら
力を貸したい。

全国より一足早く、広島そごうでは新型ロードスターが展示されている。

好きな人は好きな車である。概ね車好きの人に聞くと、日本車らしくなく
「止まる、曲がる」がきっちり出来るそうである。
欠点としては走らない(パワーがない)と言われるが今回はどうだろうか?

試乗出来るのか出来ないのか、分かりにくい展示方法である。
この点は改善を望みたい。
(何度か通りかかったが試乗中の時もあれば、柵が設けてある時もある)


roadstar

roadstar2

roadstar3

roadstar4

 ちなみに老師が乗るなら断然Morgan Aero8である。
 やはりこういうものは好みで選ぶ嗜好性が高い商品なので許して欲しい。

好みの出る、専用スポーツカー分野に手を出せるということは
マツダにも余裕が出てきたのだろう。めでたいことである。

追記:G-waveさんの写真の方が良いようだ。

| | コメント (3) | トラックバック (3)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »