« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

うまくて安い焼き肉屋

老師です。


やはり焼肉屋は少し汚くて怪しい雰囲気の所がおいしい。
異国の言葉や怪しい客も覚悟しなくてはいけない。
綺麗な服で出かけたり
よくあるチェーン店の小洒落たサービスを期待すべきではない。


この度は、そんなディープで、うまくて安い焼肉屋「養老」をレビューしたい。


「養老」の場所を知りたければ、こちらをクリック
2007/02 追記:残念ながら2006年中に閉店したようだ。

定食もあり食べるだけでも、お勧めである。

水曜が定休日 だいたい朝9時から夜9時まで営業している。

メニューは少ないが量も多く、大男も満足できるだろう。
逆に、おしゃれな店ではないので、
こういう焼肉屋未経験の女性一人は厳しい。
アウトローな焼肉屋に慣れた男の人と数人で出かけよう。

 動乱の戦後広島を感じさせる店なので
素人には、お勧めできない。

しかし、この深さを理解できれば温かく良い店である。

yakiniku-yourou

2007/02 追記:残念ながら2006年中に閉店したようだ。
広島では珍しく直球で勝負の店だっただけに残念でならない。

引き継いだ店(焼肉大学)が同場所でオープンしていたが、全ての面で5段ぐらい落ちる。
はっきり言おう。引き継いだとは言えなく改悪であり間違いだ。
以前の常連はがっかりすること請け合いである。
期待を込めて辛口レビューしよう。

1.定食は量が減り、小しゃれた容器に入っているが意味不明である。


1-A:小さな容器に重なるように肉が入っているが、明らかに量が少ないのをごまかすためであり
焼肉屋に似合わない。また肉がつかみにくく、網に機敏に乗せられず網の温度が即上がってしまい
おいしくいただけない。普通の平皿でよいではないか。

1-B:ご飯はお代わり可能で良いように見えるが失敗だ。何故なら焼肉屋だからだ。
客は肉を焼き始めたら一歩たりとも網から離れたくない。いいタイミングを逃すからだ。考えてみて欲しい。
家でも料理途中にコンロから離れたいだろうか?いいテレビを見ている時、邪魔が入ったようだ。
これは客に無理を強いている。以前のように一杯100円で持って来て欲しい。

1-C:茶碗の上部がすぼまった形である。また茶碗が小さい。色が黒い。
これは駄目である。何故なら定食屋ではなく焼肉屋だからだ。
まずこれでは焼肉をご飯の上に乗せ難い。
また、これでは、ご飯は冷めにくくご飯は熱々のままであり焼肉とマッチングが悪い。つまりご飯はよそった当初は熱々なのだが、徐々に冷えていく形が望ましい(網から上げた焼肉は強烈に熱いので、熱いご飯に一瞬タッチして瞬間冷やし食べる)。しかし現状の茶碗では、この動作を実現できない。
加えて茶碗が小さいと何度もご飯をよそわないといけない。これは焼肉を中断されて面倒だ。
茶碗の色が黒いとご飯はおいしく見えるが肉がおいしく見えない。
この黒い茶碗は定食屋、料亭用の茶碗である。焼肉屋に合わず失敗だ。

以前の店の茶碗は上部が広がった大きな茶碗でだったのだ。又なんともいえない、茶色とも黄色ともつかない
肉が引き立つ良い焼肉屋の茶碗であった。それは意味があったのだ。

2.ホルモンがおいしくない
老師の決め手はホルモンである。外国では内臓は高級レストランで食べる。ライオンも内臓を食べる。
栄養もあり非常にヘルシーである。内臓は肉好きには無くてはならないものである。
現在の店で出てきたホルモンは脂ばかりでガッツりホルモンを食べられないものであった。
ほとんど脂身だけで煙ばかり出て駄目である。カットも悪い。
以前は色々な豚ホルモンのミックスでザクザクと食べられた。現状は論外である。

3.コップが小さい
水でも酒でもコップが小さいと何度も注がないといけない。焼肉屋は言ってしまえば客が調理をするので
何度も注ぐのは、焼肉を中断されて面倒なのだ。客に無理を強いている。コップが大きいのは意味があるのだ。
以前はチューハイ用のような大きなコップだった。それは意味があったのだ。

4.スープがまずい
以前は味噌汁に、たまねぎや野菜、豆腐がドカドカ入っており焼肉と絶妙だった(肉のだし?)。
この度は澄まし汁にわかめだけである。しかも出汁をとっていない(化学の力?)。
これも碗が小さくていらいらする。以前は焼肉2皿を食べても残るくらいあった(〆にちょうどいい)。

5.感じの良い玉ねぎが付け合せで無い
以前の養老には焼くとおいしい、玉ねぎの品種が大きな櫛切りでざっくり2-3切れ付け合せで使ってあった。
焼くと甘くておいしく箸休めに最適だった。
現在の店は針みたいに細くちょっぴりであり、品種も違うのか味が異なり悲しい。

6.豚耳、豚足が無い
豚耳を老師は愛していた。ゆっくり網で焼くととろりと溶け、むっちり官能的な味であった。
それが無い。断絶である。

現状はオープン当初でご祝儀相場だが、このままでは確実に行き詰るだろう。
ふらっと知らずに入ったら二度と行きたくない感じだ。なんとも客に無理を強いており落ち着けない店だ。
老師の中では無しの焼肉屋である。通常ではこんな店はレビューしないのだが引き継いだとのことなので
期待を込めて書いた。
まだまだ以前の経営者に教えをもらうべきだ。
頑張って欲しい。

ということで以前の「養老」はいわゆる個人経営の焼肉屋の流儀を自然とこなし、
コストパフォーマンスが高い店だったのだ。
ますます、それが明確になった。返す返すも残念・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羊羹のおいしい店「菓道館 扇屋」

老師です。

今回は広島の羊羹がおいしい喫茶店を紹介する。

「菓道館 扇屋」である。

「菓道館 扇屋」の場所を知りたい人は、こちらをクリック

残念ながら移転されたようだ。詳細は追ってレポートする。2006/08

私は羊羹は年寄り臭くベタベタして嫌いだったが
ここのはサラッとしており洗練されている。

もちろん年配の方にも受けは良く、
親戚のおばさんも好きであった。

この店がある
比治山の裏は、実は良い天然地下鉱泉水が出る場所であり
この水を利用した名店も多い。

(余談:今は無いが同じ地下鉱泉水を使うボンジュールというパン屋が最高であった。
ご主人が腰を痛められたとかで閉店した。絶品の調理パン
、特に夢のようなカレーパンは私の好物だった。残念である。
あの技術を継ぐ者はいないのだろうか?あの発酵は独自であった。)

 扇屋の羊羹、お茶も天然地下鉱泉水を利用している。
潰れては困るので紹介する。
知る人ぞ知る戦前からの広島銘菓である。
(広島は「もみじまんじゅう」だけではないぞ!)
駅前の福屋でも購入でき
隠れた広島のお土産品だが、やはり本店で頂くのが良い。


これからの季節、”柿羊羹”など、お勧め。


 
店の雰囲気は、やや寂れた感じでベタベタ張り紙があり、もう少し品が良い雰囲気にして欲しい所。
しかし味は、さすが天然地下鉱泉水のお陰か一般平均は越えている。
いかに料理は水が大事か分かる。
(出された水は氷まで、おいしい。扇屋は地元隠れファンが多い。知り合いもファンで驚いた。)

羊羹のセットなどで味をみると良いだろう。


広島駅で広電バスから
段原中央経由、広島大学病院行きのバスに乗り
「段原南」か「大学病院前」で降りると良い。

名水マニアにも、お勧めする。

oogiya

oogiya2


oogiya3

2011/08/12追記:久しぶりに広島駅前福屋地下の広島土産物売り場に行ったら規模は小さくなったが存在した。小型の柿羊羹を買ったら中身は普通の小倉羊羹だった…。商品管理はちゃんとして欲しい。
銘菓の「ひろ柿」も在庫切れ。うむむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お勧めスコーン

老師です

老師が最近お気に入りのスコーンを紹介する。

悪いスコーンはボゾボゾ、スカスカで酷い。

このスコーンは味が深く、良い。

「横浜スコーンクラブ」という聞きなれないメーカーである。

広島では「アーバンビュー・グランドタワー」の下スーパー「ラ・パン」で扱っている。

scone

scone2

scone3

2008/06/19追記
ラ・パン閉店、フレスタに改装になり扱わなくなってしまった。
なんということだ。老子が好きな高級スーパーが消えていく。
時代の流れか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電気街にある安価、新鮮な青果の店 

老師です。

青果の店で良い店を見つけたので紹介する。

紙屋町のアーケードの平和公園側、広島のプチ秋葉原的場所に立地する
(とらのあな、パソコン工房、DOSVパラダイス、ソフマップ、DEODEOなど小規模だがある)

「はぐま」である。


電気街で、どうして野菜、果物なのか不明だが、なかなかの実力派。
果物、野菜は地物が多く、安く、新鮮、魂がある。
そして店員はミステリアス。

「はぐま」の場所を知りたい人は、こちらをクリック

かつて安く、良い物を売っていたが消えた
青果の店「新鮮組」の品質を継ぐ店である。

今度は消えて欲しくない。広島人は地物で新鮮で安い青果に飢えているのである。

新鮮果物、野菜を安価に紙屋町で買うなら、この店である。
試して欲しい。今、花丸急上昇である。

haguma

haguma2

| | コメント (0) | トラックバック (1)

任天堂REVOLUTIONのコントローラー

老師です。

任天堂REVOLUTIONのコントローラー

が発表された。

任天堂の面目躍如。さすがである。

私の中で
新世代機ではREVOLUTIONが一歩リードである。

綺麗だけでないゲーム的に楽しい事が重要だ。
(PS2ハード購入まで老師は至らなかったのだが、それはゲーム的に飛びぬけていなかったからだ)
REVOLUTIONのコントローラーから紡ぎ出すゲームに期待が持てる。


あのファミコン創世記にパズルゲーム、シューティング、RPG、アドベンチャー
等 また数々の変なゲームがカンブリア期のように溢れていた時代の再来を期待している。
もちろんアーケードでも以前から、このジャンルはあったが
安定して遊べる実用機にしたファミコンの功績は大きい。

(その前は本当にPCが高価で
 裕福な友達のお兄さんのPCゲームを恐る恐る遊ばせてもらったり、
 CDROMではなくテープでエラーだらけのビービーうるさいロードを永遠待ったり、
 ショールームに紛れ込んで雑誌のゲームプログラムを打ったりしていた)

任天堂には、ゲーム的に楽しい物を開発して欲しい。あの「わくわく」をもう一度。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンダムゲーム 「機動戦士ガンダム 戦場の絆」について の期待文

老師です。
やっと私が望むようなガンダムゲームが出そうである。

「機動戦士ガンダム 戦場の絆」

MSN-mainichi版(詳細写真が良い)

左右独立のスロットル付きトリガー

左右独立一対のペダル

これが実現出来ていれば、かなり良い。

しかしガンダムファンの琴線に触れるには、まだまだと言える。

以下があると完璧である。


「視点切り替えボタン」


・自機が見える 視点切り替え(3Dドライビングゲームで採用されているのは意味がある やっぱり自分が見えないと不安な人もいるのだ)


「特殊ボタン」

追加で特殊ボタンが欲しい。


<連邦側>

・利点:連邦側は遠距離用の照準器(ボタン切り替えで画面に疑似表示でも良いので”ここに連邦機は特徴がある”ので是非欲しい)

 利点:遠距離は簡単に自動ロックされる補正が効き当たりやすくなる しゃがんだり 盾を構えつつ
    撃ったり特徴的で利点があること。レバー操作で劇中の動作、利点が色々出来ること。

例えば:ガンキャノンはしゃがんで崖に隠れながらキャノンを撃つことが出来るなど。
     戦車、航空機を呼ぶ。

・弱点:近距離が見えにくくなる。特殊攻撃がジオン側と比べ
     少ない。防御、航空機のような照準狙いが基本。

ゲーム中、前にスコープの視点、距離調整等が出来ると格好いい。

<ジオン側>

・利点:ジオン側ではレバー操作と特殊ボタンでマニアックな動きが出来ると良い(ゲーム開始前にマップを見ながら最適解を選択する)

 例えば:原作のように
グフで砂漠へ潜れる。自軍のトーチカ砲台を使える(オデッサ風)。マゼラアタックを呼べる。ドダイ呼べる乗れる。


シャアザクの特殊な蹴り 避け 加速調整
 
宇宙空間でのノーマルザクでのビーム避け(0083でのデントロビュウムのビームを避ける避け方など)ショルダーアタック 
     
アッガイ、ズゴックで洞窟の天井などに爪を立て進む(ジャブロー) シャアズゴック相手を掴む。
    

  ファンネル、有線サイコミュウ搭載機はその動作。
      
  ドム 両手で叩く(ミデア撃破参考)ホバー、推進剤の微調整
  
  ゲルググ ビーム長刀の突きの動作 盾をかまえてアクション等
  円移動微調整(コアブースターのビームを微妙に避ける 劇中参考)
 
  航空兵器呼ぶ

  
・弱点:使い方が限定される。
     基本的に”避け””特殊攻撃”であること。

  
何れも使い方によって性能が違うのでは?うまいと思わせる物でないといけない。
MSV(モビルスーツバリエーション)などでは特に重要になろう。
 


「戦艦、母艦類」

あとはリアルな大きさのホワイトベース、ミデア、ユーコン潜水艦、
ザンジバルなど 戦艦、母艦類が欲しい。現状のガンダムゲームでは
ミニチュアだったり、簡単に落とし易過ぎる。


興ざめである!(連ジではガウの大きさがザクの半分の大きさしかない
 または障害物でしかない SEEDでは高度と弾幕がヌルい)
戦艦撃破はコストに影響を与えると面白い。

スケール感、ガンダム世界のリアルさが出る。

カード、ガンダムのドッキングについては
以前に書いた記事:「連邦VSジオンDX 続編望む」を参考にして欲しい。
     
現状では、こんなものだろうか?
期待している。

追記:「PAKU'sぶろぐはじめ」さんのページは操作マニュアルの写真が詳しい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広島の愛媛 ストレートみかんジュース

老師です。

今回紹介するのは愛媛のインフォメーションセンター
その名も「えひめでぃあ」である。

愛媛の特産品などを扱っている。

「えひめでぃあ」の場所を知りたい人はこちらをクリック


ここでのお勧めは
ポンジュース」。

しかしコンビニなどで扱っている濃縮還元の物ではなく
ストレート果汁である。
サラッとしていて飲み易い。

また癖になるうまさ、
馬路村のゆずジュース「ごっくん馬路村」もある。
(ごっくんは最近、広島福屋、広島そごうでも買えるようになった)

上記二つは
柑橘類の評価が変わる”まじめなジュース”だ。

広島でもリアル店舗で買える。
通販で悩んでいる人は試してみる価値はある。


特産品野菜なども置いてある場合もあり。

中心部にありながら案外穴場である。

ehimedia


2015年7月追記:
2015年3月末で閉店したようだ。跡地は我馬ラーメンの様子。

「えひめでぃあ閉店」 広島の街と音楽と… さんより

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VF5ついに発表

老師です。

いつも情報が早い
財前ゴウさんのページで拝見したが

VF5がついに発表間近ですね。

外国サイトのVF5詳細動画

どのようになるか楽しみであります。

舜帝ですが残っているのでしょうか? 舜帝の弟子はどうなったのか?
酔拳は、よりリアルになっているのでしょうか?

情報が入り次第、当blogでも本来の舜帝攻略を行っていきたい。

追記:動画を見ると今回舜帝は病的なやせ方です。大丈夫だろうか。
    それとも弟子の変装?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »