« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

Zガンダム劇場版Ⅱ「恋人たち」改善案

老師です。

レビューだけでは書き足りないので
Zガンダム劇場版「恋人たち」改善案を書きたい。


カツ"綺麗な複葉機だな"→ベルトーチカ着艦→即アムロが受け止めるところでカット
→見た感じ普通の人ね(”すみませんね”は無し)→
石鹸はへレンへレンでしょ(ベルトーチカはニュータイプぶってみる)感じるんだ→
→アムロ「え?」
→(調子に乗って)通りかかるシャアを見て”あの人好戦的な人なんじゃない”
→”本質的にやさしい人だ”で外に出る。(少し気分を害す)

ここでシャアを追いかけアムロのエレベータ内でララアの話。

追加新シーン(老師案):強化人間について
       シャア「君はニュータイプ研究所は知っているか」 
       アムロ「いや」
       シャア「ララアを人工的に作るんだとさ」
       アムロ「…」

重ねるようにロザミアのシーン
 ロザミア "空が落ちてくる夢を見るのです"
 ブラン"エゥーゴもそこまではしない 大丈夫だ"
 ブラン「強化されすぎたのか(独り言)」
 ロザミアが震える手を見つめるシーン 
 (以上で十分)

アウドムラ

新シーン(老師案)
アムロ「艦長。リックディアス調子がいいようだ。これならやれる。」
 OP:ニュータイプ研究所がティターンズ側に回ったようです。
ハヤト「あれは強化人間だったのだな。だが強化人間だろうと何だろうと
こちらには本物のニュータイプがいる。アムロ?」

強化人間と聞いてララアを連想し怖がるアムロ。

ここで
ベルトーチカの”今まで戦おうとしていた人が怖がっている”のシーン。
 
そして去ろうとしたアムロに
”男を奮い立たせることもある”
”同情ならいい”のシーン。
”立ち止まってる暇は無い”で唐突なシーンでの説明。

そして戦闘。

これは劇場版ぐらいの編集でよい。
ただ「カミーユ君。女の強化人間には気をつけろ。」と
アッシマーに対しては圧倒的でも
強化人間には自分でもどうしたらよいのか分からない
描写を入れること。

シャア・カツの描写はそのままでOK。
シャトル脱出。


サイコガンダム登場。
もっとスードリがサイコガンダムの重みで沈む描写必要。

重みでウッダー「うっ。ニュータイプ研のサイコガンダムか!いい援軍だ。」
フォウの登場は後姿でウッダーに敬礼するまでの短い時間で十分。
(正体不明にする)

ホンコンは基本的に劇場版の描写でOK。

ミライ"夫と離れていても夫婦は分かり合えるものなのよ" の説明描写を
加える。
    
フォウは謎のスパイ風でよい。

アムロにフォウの話。
”危険だ”
(ベルトーチカの画面はカット)
その後、カミーユへミライからアムロとララア
”ろくに顔を合わしていなかったのに決定的に運命を変えた人”の話。
これで短くても分かり合える説明になる。

劇場版のままのシンデレラフォウの圧縮描写。

そしてカミーユがMk2でサイコガンダムに触れ
「コイツは」とフォウがサイコガンダムの正式なパイロットと気づいた時、
(アムロの警告と同じ状況と気づく)
正面でフォウがウッダーに敬礼する場面を入れる。アムロも走馬灯のように感じる。

後は、もっとホンコンの町が壊れる描写とサイコガンダムの精密描写があればよい。

追撃部分はOK。
カミーユ空に上がる。


ジェリド、マウアー:
ここで、いきなりマーク2を襲う。

Z登場。

”当面の目標はアポロ作戦だ”でジェリド、マウアー去る。


アポロ作戦

マウアー"私、あなたと同じ艦になれて嬉しかった。分かる"のシーン。
"シロッコは何を考えている分からない"(心配なのでついてきた雰囲気に変える)
(ガディに呼ばれて~はシロッコに呼ばれて~に変える)

出撃:
マウアー"ジェリドを当て馬に使うのか!"
シロッコ"放っておけ"(悪そうな顔)

新シーン(老師案):
シロッコ「見える。Zだ。左舷40度砲撃狙え!」

ジェリドをかばおうと
シロッコのドゴスギア砲撃とカミーユの攻撃に挟まれて
マウアー死亡。(ジェリド特攻の場面とムーンアタックの画面は合成しやすいはず)

カミーユ"何だこの不愉快さは"
ドゴスギア、フォンブラウン突撃。艦の詳細描写。

ナレーション"月を制した者は宇宙を制すと言われた"

新シーン(老師案)
シロッコとアナハイムの幹部が擦り寄ってくる場面。
アナハイム「我々のモビルスーツ開発能力を必要とされていませんか」
シロッコ「ジュピトリスで開発できる。汚れたモビルスーツは不要だ。
しかし生産能力は必要だ。」
にやりと協力。


ナレーション(老師案):「ティターンズ占領下のフォンブラウンにカミーユは潜入していた」
カミーユ潜入(マウアーの場面はうまくカット)

新シーン(老師案)
シロッコとサラに出会う。食事に誘われる。正体は明かさない。
「ハンバーガ屋でティターンズにスカウトの話」
"戦後は女性が支配すると思う、ジャミトフは地球を汚染することで人類を
宇宙に上げようとしている。"(もっともらしいことを言う しかしシロッコの悪い顔も見せる)


ジェリドにみつかる
「ライラもカクリコンもマウアーも、お前のせいで!」
カミーユ"あんた、そればっかりだ。"
サラ「この人がカミーユ」


 ニュース速報:フォンブラウンかグラナダにコロニーが落ちるそうです。

その隙に逃げる。

 シロッコ(老師案)「ジャマイカンめ!それでは月を制せん フォンブラウンにも動揺を与えるとなぜ分からん。
撤退だ。」

 ジャマイカン(老師案)「シロッコにだけ手柄を立てさせるか、グラナダをいただく。
こんな安くグラナダが手に入れられるとはシロッコも思いつくまい。」

ウォンさんとアナハイムの会長との会話。

サラの投降シーン
 より、説得力がある。

コロニー落とし
 これは通常通り。


そしてハーフムーンラブのカット。

新シーン(老師案):
捕まった後、
レコアにパラスアテネのスペック表を渡し
良かったらシロッコの部下にならないかと言う。
これをブライト、シャアに言い出せない描写。

子供たちとのカット。サラ脱出。

ドゴスギア捕捉。

"艦隊の機能を生かしていなかったから"とヤザン。
近距離のエゥーゴVSティターンズの大艦隊戦を映像化。
ドゴスギアの神業的弾除け描写。シロッコの指示。
ブライトの弾幕描写を出す。
ここでドゴスギアの動きに見惚れた
”ヤザンはMrk2を誘導しジャマイカンを殺す”描写。
 
メガバズーカー描写。

アクシズ登場。

シロッコ撤退。

ヤザンはシロッコと握手。

ハマーン登場。
ラストへ。

ZⅡ恋人たちは
こんな感じだと、より良かったなと思います。

第三部の期待文は、また書く予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コーヒー嫌いに勧めたい店

老師です。

老師はコーヒーが苦手である。香りは好きなのだが
悪いコーヒーではまず、お腹が痛くなる。

そのため長い間、老師は紅茶、中国茶に流れていた。

しかし、それを変えてくれた店がある。
「カフェサボイア」である。

「カフェサボイア」の場所を知りたければ、こちらをクリック

コーヒー嫌いに勧めたい店である。
コーヒーという飲み物を一生まともに味わえない
のは不幸である。

コーヒー嫌いだった老師が言うのだから信じて欲しい。


4年近く通っている。


どのコーヒーも澄み切った味がする。香りも素晴らしい。
おなかも痛くなりにくい。

古来コーヒーは薬として提供されてきたという歴史を踏まえ
体に良いコーヒーを提供すべきという思想があるようだ。


店内も純喫茶風であり格好よい。


空いている時は店員さんが豆のハンドピックをしている姿が
見られ微笑ましい。(豆を選り分けている)

ちなみに、店の豆は小売しており、その場で買える。
小難しくしなくても、この豆は炭酸並にドリップ時、泡がたつ。
物の良さが感じられるはずである。
素材が良くちょっとした腕の差を越えてしまうくらいだ。
家でも優雅な時を過ごせること請け合いである。

店では
良いコーヒー器具も教えてくれる。

定期的にイベントもあり飽きさせない店だ。
コーヒーへの愛を感じる。

広島に、この店ありである!
お勧め!

saboia
土曜日は休みなので注意。

2008/11/29追記
モーニングもある。
素早くはできないので優雅に過ごしたい人にお勧め。
満足感は高い。追加料金でコーヒーは変更可能だ。

2008/02/01追記
この豆の良さが分かる他県の方もいるようだ。
良い豆は生産量が限られているので、ひっそりと全国区になって欲しい。

2015/01/19追記
残念ながら閉店されたようだ。市役所前店はあるので、そちらになるのだろうが雰囲気がまた異なるし遠くなる。
老師としては名店が消えるのは残念でならない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

飽きにくいパン屋

老師です。

パン屋「ボンジュール」が南区旭に
残っていたので紹介する。(こちらが本店らしい)

基本的に無添加パンである。

まさに町のパン屋という形で特別洒落たパンは無いが
味は確かである。(その点、今は無き比治山店は洒落ていた
ベーコンエピは好きだった この店でも欲しい)

「ボンジュール」旭店の場所を知りたい人は、こちらをクリック
2008/11 既に閉店していた。残念。

調理パンが良い。他の店と似ているようで違う。
長期間食べると分かってくる。
(見た目と立地で損をしている)

一口食べてうまい!という代物ではないが
飽きにくい良心的なパンである。

bonjour

bonjour2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遠山 啓ムーブ:算数、数学を教えたい理解したい人へ

老師です。

今、ネット界では「遠山 啓」が密かに流行っている。

復刊ドットコムでも
遠山啓が人気だ。

ただの復刊依頼なら驚くことも無いのだが
これは算数、数学の本なのだから凄いのだ。(漫画とかではない)

以前にも述べたが、学力低下、数学嫌い、理系嫌いの子供が増えている。
関連記事:学力低下にお勧め

数学は本来難しいものを簡単にする、裏技ツール、秘密道具なのに
現状は大きく違っている。


遠山啓著:数学の学び方・教え方
(老師も今読んでいる、数学と表題はなっているが算数も含まれており小学生から見せたい物である)
では

引用すると今の算数、数学教育は
「子供たちに競争させ、その競争に負けた子供は
一生涯うだつのあがらないようにする仕組み」

なのである。

とは言え、今やネット時代。
公式暗記ではなく本来の(算数・数学的)考え方、理解度が、より重要になりつつあるように思う。
(パソコンのほうが確実に覚え、計算でき、ネット検索で多くの情報は引き出せるからである)
パソコン操作は暗記より理解の必要度が大きい。簡単なプログラム作成でもそうである。
これがまたネットにより国境を越える。よって本来の意味が理解できず暗記に頼っている者は
グローバルに負けてしまう。
(国内で閉鎖的に格差をつけている時ではないし、暗記力のみ優れている者を今まで通り過度に
優遇すべきではない)

このままでは国内総奴隷化が始まってしまう。

であるから、
今、仕組みを理解する算数・数学の「遠山 啓」が見直されていると思われる。


とても分かりやすく。子供にも教えやすいはずである。

また算数・数学的な考え方に挫折した人、見直したい人も良い。

お勧め!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おいしい食パン

老師です。

広島のおいしい食パンを紹介する。

バッケンモーツアルトの「Licht(リヒト)」である。

バッケンモーツアルトは広島の洋菓子屋。
多店舗展開をしているが珍しくレベルが高い。
元々パン屋を目指しており洋菓子は付録のつもりだったらしい。
洋菓子で先に有名になったが本来のパン作りに戻ってきたというわけだ。

商品自体は
当然、天然酵母で添加物なし。
3年近く食べたが問題ない。

天然酵母特有のどっしりとしたパンの重さ。
強固な復元力をもつ弾力。焼いたときの独特の良い香り。
深みのある味。
安定した品質と、そこそこの値段。
すべての店舗で入手できるわけではないが
入手のし易さも特筆したい。(店舗に前もってあるか問い合わすと良い)

老師の朝食は和食が基本だが、たまにパン食なら断然、リヒトである。
(味を保つためカットされていない。パン好きならパン切ぐらい用意しよう)


軽くトーストし
発酵バターとメイプルシロップ(又は蜂蜜)をつけると、
それはもう、得も言われぬ味である。試してほしい。

お勧め!

licht

licht2

licht3

そうそう、酒酵母のあんパンもレベルが高い。

同じモーツアルトでは、ダックワース風の
「もみじおぼろおぼろ」も新たな広島銘菓になる素質を持っている。お土産にも良い。
今後レビューに加える予定である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »