« 良い手袋 長期レビュー | トップページ | 機動戦士ガンダム0079カードビルダー レビュー 評価(悪い) »

ZガンダムIII 「星の鼓動は愛」期待文

老師です。

劇場版 機動戦士ZガンダムIII 「星の鼓動は愛」の期待文を書きたい。

当時の印象

32話から50話まで後半部の話であるが
色々唐突であり、ごちゃごちゃして分かりにくかった。
主要キャラクターがあっさりゴミのように死んでいくので
ショックをカミーユと共有というより
あっけにとられた感じだった。

キャラでは
ロザミアが、「お兄ちゃん」とか言い泣いたり叫んだりで
引いた印象がある。

最後にはカミーユが精神崩壊。
「あ、あれは彗星かな」は今ではSDガンダム等でギャグになってるが、
当時は「は?」という感じで、こちらもポカーンと呆然となってしまった。
(であるからSDガンダムのカミーユは目の中が彗星で少しヨダレを垂らしている)

戦争の最後が、どうなったのかも画面からは語られないのである。

またこの後、「逆襲のシャア」でシャアは隕石落としを決行するのだが
このあたりの心の移り変わりがいまいち理解できにくい。

地球環境の汚染を考えず!とZではジャミトフを怒っていたシャア。
そんなシャアをカミーユは”あなたを信じますから”と言っていたのである。
(この後「新しい時代を作るのは老人ではない!」のZシャアの名言に繋がる)

またミネバを、この時点で救ったらしいが
よく分からない。ZZのミネバは影武者ということになっている。
ガンダム最大の謎です。

期待文

まとめ作業は富野監督、バンダイが
「逆襲のシャア」をどうしたいのかによって異なる。

私は生かす方向で行って欲しい(当時、あまり感動しなかったが)。

よってシャアが隕石落としに走るくらい
「心底 地球の出資者、高官が嫌いになる」理由付け必要。
また
アムロが「それはエゴだよ」
と言いたくなりシャアと対決し地球を守る道筋がなければいけない。

重要なカット

地球に下りたシャアがアムロのディジェに乗せてもらう時

シャア”君に乗せてもらって助かる 今のままでは落とされる”
アムロ”迷うことは無いはずだ。君しか今のエゥーゴを率いる人はいないのだから”
シャア”自分の運命も決められない男がか?”
アムロ”大衆は常に英雄を求めている”
シャア”自分に道化を演じろということか…”
アムロ”あなたに舞台が回って来ただけだシナリオを書き換えたわけじゃない”
シャア”アムロ…”
アムロ”人は変わっていくものだろ”

これは抜かせないだろう。

流れ

ダカール演説とミネバ救出と逆シャアへの流れを
うまくまとめていることが重要。
また核となるコロニーとコロニーレーザーの丁寧な説明描写。

ミネバ(この時点で本物)会見→失敗。
シャアはザビ家を復興させる気は無い。
キャスバルであると告白。

シロッコとハマーン会見。

*シロッコ+ザビ家 対 エゥーゴ

劣勢になり
ヤザンの海蛇攻撃で百式地球に落下。
レコア撃破。裏切り。

シャア、カミーユ。
キリマンジャロへ。

先日も書いたが

関連記事:Zは初代ガンダムの逆である

キリマンジャロは
初代のゲルググ←→ガンダム
Zのディジェ←→百式
の対比となる。
これはカミーユが一時的にティターンズの制服を着ることでも明らかである。
(人は忘れて同じ過ちを繰り返す警告)

そしてダカール。
初代ガンダムではシャアとして隠れてザビ家内部から変えようとしたが
今回はキャスバルとして表に出て変えようとする。
(人は忘れず前回と違う方法で前に進まなければならない)


「グリプス始動」で描写される
コロニーの説明とコロニーレーザーの威力を丁寧に挿入。

「湖畔」のジャミトフとバスクの”条約は破られるものだ”の会話
シロッコと秘書の”レコアは依存心が強い女だ”の会話。
シロッコのレコアに対して”エゥーゴで強い女を演じるしかなかった、エゥーゴの男たちは分からない”

逆シャアに繋がるシャアの悪いところを出すなら
レコアの語る”高いところから見下している””自分を中心に回ると思っている”
という言葉を加える。

メラニー会長とハマーンとの会見。

*(シロッコ)+エゥーゴ+ザビ家 対 ティターンズ

シャア”ミネバ様のバイオリンを聞くと心が楽になりました”
ミネバ”サイド2はシャングリラのようなところと聞く”
挿入。

ゼダンの門攻撃。

ジャミトフ死亡。


ジェリド死亡。(マウアーの幻影を出す。地球に魂を引かれている説明。
あれだけ言っても分からなかった。しかしマウアーは許す。ライラはカミーユへ)

(老師案)カイにニュータイプは戦後、アムロのように危険人物として隔離される
可能性ありと説明を受ける。
シャアがスウィート・ウォータで独自軍設立の情報。
どちらについても利用される。


*シロッコ 対 ザビ家 対 エゥーゴ


カミーユ、Zガンダムに搭載されている
試験用バイオセンサーのリミッターを切る。

ティターンズ正規軍残党になったバスク、ロザミア投入。

ロザミアが「お兄ちゃん」と言い写真を見せる事で
バイオセンサーの影響も含めて現実なのか空想なのか分からなくなる。(電気羊風)

ロザミア死亡、バスク死亡。

「(シャアに)あなたを信じますから(逆の意味になる)」「まだすることがあるでしょう!」

ミネバ救う(シャア)。シャングリラへ。

シロッコ倒す。

精神崩壊風。

カミーユ日記に、擬似的にバイオセンサーで精神異常になる件
救って欲しい件を書く。(精神異常で隔離から逃げる)
ファ見つける。

カイ、後日談を語る。
ロンドベルへティターンズの元出資者が加わる。


セイラと一緒にいる子供はミネバではないか?


シャアはスウィート・ウォーターで独自軍設立。


カミーユは精神病と偽り
ファと幸せに暮らしましたとさ。

終了。

こんな流れだろうか?

スパイス

カイについて
ミハルの子供たちを引き取っているとか
仕事に協力しているとか
そういう描写が欲しいですね。
(そうすると初代からのファンが、とても救われます)


声優変更

今回も
声優交代があるらしいが

期待としては
・やはりフォウ役の島津さん復帰でしょうか?
・または切れたロザミア復活でしょうか?
・またはサラの水谷さん復活か?

本命としては
・ミネバ(ガンダム最大の謎キャラです。
私はリナだと読んでいるのですが、すると声優が
エマさんと同じになるはず)

・セイラ(こちらは声優さんが先日亡くなられたので相応しい人なら変更は可。
しかし、Z収録時も日本に不在だったりとセイラはZに縁が無い様子
TV版通り無言でいいのではないか?)


終わりに

二部が最低だったので三部で何とか取り戻して欲しい。
期待を上回っていることを望む。

関連記事:「Zガンダム劇場版第三部「星の鼓動は愛」レビュー 評価:普通」

|

« 良い手袋 長期レビュー | トップページ | 機動戦士ガンダム0079カードビルダー レビュー 評価(悪い) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27081/7395304

この記事へのトラックバック一覧です: ZガンダムIII 「星の鼓動は愛」期待文:

» 不定期 Zの感想 第48話「ロザミアの中で」 [狸のゴミクション]
ホントに不定期なZの感想です。 今回はラスト3の第48話「ロザミアの中で」です [続きを読む]

受信: 2006年1月22日 (日曜日) 午後 09時24分

« 良い手袋 長期レビュー | トップページ | 機動戦士ガンダム0079カードビルダー レビュー 評価(悪い) »