« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

DOVO(ドボ)鼻毛カッター長期レポート

老師です。

henckels(ヘンケルス)鼻毛クリッパーの後継として
DOVO(ドボ)鼻毛カッターを1年余り使ってみた。

特別注油せずブラシの手入れくらいであったが
ヘンケルスと比べ錆びない(やや先端部は、くすむ)。
回転も滑らか精密感がある。
歯の切れ味も落ちず良い。

本体にねじがあるので分解掃除できるのかと思ったが分解できない様子
(分解方法を知っている人は教えて欲しい)。

今のところ不具合も無く動いている。
Dovo1

Dovo2

Dovo4

Dovo3

革ケースも昔風だが無難だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VF5ロケテスト感想1 提案

老師です。

本日、VF5のロケテスト大きく遊んできました。

内容ですがVFらしく
概ね、まとまってはいる。

しかし
酔拳らしい飲酒技が欲しいと思った。

ダメージ0の相手に寄りかかってガブガブ飲む飲酒技など欲しい。
また横寝から座り、座りから横寝への連携も人間は出来るのだから
これくらいは、いい加減出来て欲しい。


相変わらずVF4FTと変わらずバーチャファイターらしい
何か凄い枠組みを未だに感じない。

提案だが俊敏さに弱い人向け
やネット対戦をしたい人向けに
カードのみで対戦するモードがあっても良いのではないか?

名づけて「セコンドシステム」
攻撃、防御、投げ(P,K,Gボタンにそれぞれ割り振る)重視のみのプレイヤー指示でAIが動いてくれる。
その癖でAIも成長し戦う(少なくとも最初からデュラル並の強さは必要 そうでなければフェアではない
既存のAI並では対戦っぽくない)。
読み込み途中のインターバル途中にセコンド(プレイヤー)から
バーチャルに入って行き
キャラに励ましのメッセージや次ラウンド指示が出せるとこれまた良い。
(またセコンドは性別、体型、髪型、服装、仕草など細かく設定できると良い)
またそれに対するキャラの返事の仕草も欲しい(うなずくとか”OK”と言うとかポーズをとるとか、
そしてインターバルが終わると試合に戻る)。

実際手で動かしている人とも対戦できれば
レバーを握ったことが無い人でも大会に出られるかもしれない。
こうすれば老若男女楽しめる。

また実際ネット対戦はリアル対戦では遅延等を問題とする人が
多いようなので
上記のカードのみのネット対戦モードもあれば納得できるのではないか?
(指示の遅延も味として楽しめるし、良い効果となるかもしれない)


実現して欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »