« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

アルタヌス サントロペ(ALTANUS St. Tropez)腕時計 長期レポート

老師です。

家族に購入した時計を1年経過後どうなったか
状態を書いてみたい。

良いところ
大きめで高級感がある。
しっかりクロノグラフしている。
クオーツなので正確でメンテナンスもほとんど不要である。
文字盤も見やすく良く出来ている。
ケースのステンレスは丈夫だ。


悪いところ
ベルトは痛みやすく(耐久力は1年程度)、やや高価。
風防ガラスは平面的。
機械式ではないのでムーブメントを見て楽しめない。
良くも悪くもイタリアデザイン。


Altanus

Altanus6
この革ベルトは、使って味が出るような代物ではない。
痛みやすい。汗も吸い取りやすい。夏季の使用は注意が必要。
高価だが色違いも良いかもしれない。

Altanus2
比較的簡単に開けられる裏蓋である。マニアなら電池交換も苦ではないだろう。

Altanus3

分解してみたところムーブメントは
NO JEWEL のMIYOTA(CITIZEN関連)ムーブメントだった。

Altanus4
このように風防ガラスは平面的。

Altanus5
リューズは、こんな感じ。


しかし総合的に見て
コストパフォーマンスは高いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »