« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

広島の良い乾物屋、出汁の取り方

老師は出汁(ダシ)マニアだ。

5年以上前からダシは自分で取る。
化学調味料では得られない深い味が得られる。

いりこ(煮干し)、鰹節(本枯れ)、昆布、干ししいたけ
この四大出汁は素晴らしい。

微妙な味が分かるようになるとダシをしっかり取っている店か、そうでないか
分かるようになる。


そんな出汁を取る人に必須の店がある。


丸十商店である。


「丸十商店」の場所を知りたい人は、こちらをクリック

Marujyu


 小さな店だが置いてあるものは確かなものが多い。広島では貴重な乾物屋である。
広島らしい煮干し(瀬戸内では”いりこ”と言う 煮干しとは一味違う)もあり、お土産にも良い。

 いりこの使い方は、朝、味噌汁を作る鍋に夜寝る前に浸しておく
(上品に仕上げたいなら頭と内臓は取る)。
すると朝にちょうどよい出汁が出ている。味噌こし器に入れて、味噌汁の材料と一緒に程よく煮出す。
これで、おいしい味噌汁の出汁が取れる。
化学調味料に慣れていると、味の深さが分からなくなるので舌を鍛えるにも良い。

 鰹節も、自分で削るのは手間だし薄く削るのは難しい。
よって花かつおの状態のものを買う。しかし本枯れの安くて良い物は少ない。
しかし、この店の物は良い。

 かつお出汁を取る時に実感できる。
昆布を水から浸し90度くらいまで煮る。90度をキープ。その後、昆布が大きくなり出汁が出たら昆布は取り出す。
そして鰹節を投入する。即、沸騰させ1~2分で鰹節はこし器などで取り出す。(この時注意だが鰹節は沸騰中に取り出す そうでないと生臭くなる)

 昆布、干しいしたけも値段が安く相対的に良い。
 
良い昆布は出汁を取った後、煮物に使えるのでトータルでコストは安くなる。
また各種ミネラルの影響か満足感も高い。

干ししいたけは水とともに容器に入れておくと日持ちがする(1週間程度)。
料理のアクセントに最適である。


自然なダシに変えてから、体の調子も良い。
是非みなさんも出汁を取る食習慣を実践されることを望む。
味ももちろん、トータルコスト、体調管理と利点が多い。

お勧め!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広島、秋の虫

老師です。

最近、広島は涼しくなってきた。

秋の虫がうるさいです。
どんな虫が鳴いているのかと思ったら、
Autumnjapaneseinsect
こんな大きさでした。

20cm位はありそうです。


広島も秋ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お手並み拝見5広島大会での舜帝について

老師です。

一回戦負けと言うことで残念な結果となりました。


舜帝では ドランクンさん Gさんが頑張っていた。
新技を起き攻めに使っていた、Gさんがダメージ源は大きかったようだ。

しかし現状では舜帝の攻めは安定していません。
何かがあります。

攻めまでのチャンスを作る連携を完成させたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お手並み拝見5広島大会 結果

老師です。

「お手並み拝見5 広島大会」 終了しました。

Otenamihaiken512006
優勝の瞬間

結果

エフアロー(カゲ)さんが優勝しました。

おめでとう!

以下
準優勝 ねっぱ(カゲ)

ベスト4
虎熊(ラウ)
フィリックス(カゲ)


でした。


総評

全般的に県外の出場者が多かった(移動手段も安価になった影響か?)。

それでも遠征のVF4の有名プレイヤーが負けると言う波乱の展開。

似ているようでも違うVF5の印象である。
どうも噛み合わない試合が多かった。
VF4では拳が少しズレていても当たったものだが(それでも当時の格闘ゲームのレベルでは厳密な方だった)
VF5の場合、指一本ズレると、もう当たらない厳密さだ。

今回、観戦してレベルが高い試合ではVF4と戦い方を変えないといけない雰囲気を感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お手並み拝見5広島速報

Otenamihaiken52006


お手並み拝見始まりました。
老師は一回戦負け。
ナポレオンさん、アルマジロ弟さんも負ける波乱の展開。

面白くなってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広島、福岡JR設備の違い

老師です。

最近、特に思うのだが
広島、福岡JR設備の違いに愕然としてきている。

以前は福岡のほうがヒドかったが、最近は広島のほうが悪い。
規模は福岡としても品質で負けているのは納得できない。


まず車両の椅子である。

福岡
このように微妙に窪んでおり
背中、首へのフィットも良い。
座りやすい。
Fukuokatrainchair

福岡
モダンソファー風である。
実際座りやすい。
Fukuokatrainchair2

広島
見よ!この直角具合!長時間座ると効いてくる。
Hiroshimatrainchair

広島
ピンと張っていて可もなく不可もなく。
Hiroshimatrainchair2

福岡
博多駅在来線の休憩所
暑いときは助かりそうです。
Fukuokatrainrestroom

Fukuokatrainrestroom2


広島駅の在来線 ベンチしかありません…。
実際暑いし寒いです。椅子も少ない。
Hiroshimatrainrestroom2


いやいや広島の横川駅には昔からあります。そういう声もあるでしょう!
しかし…。これは時代を感じさせます(ちなみに横川駅は頑張っている方だ 最近やっとエレベータが出来た)。
ちなみにJR九州「千早駅」とは比べ物になりません。
Hiroshimatrainrestroom

多分、人口の多さとか街の規模ではなく
何か仕組みが違うのではないか?
この差、問題です。広島県人として恥ずかしい。
市とJRは考えて欲しいです。このままでは、ますます衰退するばかりである。

頑張れ!広島!!

2008/2/24横川駅は若干良くなりました。
関連記事:広島の交通設備若干変わる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »