« 段原地区再開発中 | トップページ | 硬いプリンは何処へ? »

広島で四国さぬきうどん

老師です。

うどんと言うものは、なかなか冷遇されていて、ソバほど高級品は無い。
しかし、本格さぬきうどんとなると別である。

広島は今まで本格讃岐は無かった。
あっても出汁が酷い味な為、バランスが悪く食べれたものではなかった。
しかも高い。
総合力では広島うどんに軍配が上がっていた。


そこに広島駅近くに本当の四国さぬきうどんが上陸してきた。


「乃き屋」である。

「乃き屋」の場所を知りたい人はこちらをクリック


1年ぐらい通っている。

値段は1000円近くと高めであるが味は良い。
麺は当然手打ちで
麺のコシは別次元で噛み切れないと感じるほどだ。
何より出汁がまともである。出汁が良質な、さぬきうどんは広島では無かった。

ちくわ、鳥の天ぷらなど、揚げ物は別の皿で出てくる。
揚げ立てを出すので口当たりも良い。

こだわりの釜揚げやぶっかけなど調理法は多数である。
うどんも、こんな調理法があったのかと色々試してみたくなる。

いずれも注文を受けてから作るので時間がかかる。その時間を許せる人でないといけない。

セルフサービスでおでんもある。味噌だれを付ける形だ。
これをつまみながら待つのも良い。

広島で根付くのか見守ってきたが、どうやら市民権を得たようだ。
この値段なので常時食べるのは厳しいが、たまには食べたい、食べたくなる
うどんである。

Nokiya

Nokiya2

ちなみに広島駅から、この店がある的場町まで路面電車沿いに歩けば、
中古カメラ屋を多数見つけられる。東京などの中古カメラと比べれば規模は小さいが
そこそこ揃っていると思う。

カメラ趣味の方は駅から歩いてみてはどうだろうか。

2010/07/07 追記:Shin's MonoBlogueにて中古カメラ街についてレビューあり。中判カメラブロニカについても詳しい方です。

|

« 段原地区再開発中 | トップページ | 硬いプリンは何処へ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27081/15603508

この記事へのトラックバック一覧です: 広島で四国さぬきうどん:

« 段原地区再開発中 | トップページ | 硬いプリンは何処へ? »