« 「甘党 はち乃木」老舗の終焉 と広島の甘味処復活を願って | トップページ | 2009年明けましておめでとうございます »

戦場の絆 REV.2.0 初プレイ感想 なかなか良い

老師です。

戦場の絆 REV.2.0
のプレイをしてみた。

いつもお世話になっている「戦場の絆 REV.2.0特設ページ」も参照願いたい。

1.中、遠距離専門の老師としては、射撃型機体、遠距離砲撃型機体がどうなっているか
興味があった。

射撃機体は、近寄られても強くなった。今までは敵に目をつけられると平然と近寄ってきて倒されたものだが、
今度は比較的自衛可能だ。その代わりサーチの合う距離は若干短めな感じがする。

遠距離砲撃型機体は、ガンタンクはMS弾など当てやすくなってる。
ジムキャノンは今回このカテゴリに移動だが、初期武装ではモビルスーツに当てるのは
至難である(昔のC弾並)。

2.音声認識、チャット
今回は音声認識で相手にシンボルチャットが送れるが、老師での認識率は良かった。
(トランシーバーのように送る操作中はゲームの音は小さくなるので雑音を拾わない)
イスに備え付けのマイクが右なので首を右に向けてしゃべるようにヘルプが出るが
そこまでしなくても認識する。
「1号機!」「援護する」など追加で入れるのも苦ではないので戦術も上がる。
遠距離砲撃型など全体の様子がわかるので色々チャットで送り
戦略も高められる可能性がある。


音声認識なら意思疎通で操作がお留守にならない。
また、作戦終了時の戦績結果が出ているときも互いにチャットが送れる。
これはうれしい。「みんなのおかげだ」なども選べる。

色々プレイしUPしていく予定。期待してほしい。

|

« 「甘党 はち乃木」老舗の終焉 と広島の甘味処復活を願って | トップページ | 2009年明けましておめでとうございます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27081/43377208

この記事へのトラックバック一覧です: 戦場の絆 REV.2.0 初プレイ感想 なかなか良い:

« 「甘党 はち乃木」老舗の終焉 と広島の甘味処復活を願って | トップページ | 2009年明けましておめでとうございます »