« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

サッカー場は交通インフラも同時にセットで建設すべき

老師です。

Twitterでも述べたが、サッカー場の設定が大詰めのようだ。

しかし、ビックアーチもそうだが、広島がコンパクトシティーであるがゆえに、軽視されて来た
交通インフラの問題が大きくなって来ているように思う。


J1で2連覇のサンフレッチェ広島、スタジアム構想は「ゴール」ならず!?第12回サッカースタジアム検討協議会

サッカースタジアム建設 広島で早期実現を!

全く遅い。

また魅力的なコンテンツと言ってもそうは無いし、目新しい物も少ないし仮に施設に魅力があっても、人が来なければ意味がないのである。


延伸ルート決まるも、開業見込みは13年後?

 先に施設を作って、それから交通インフラを待つようではいつまで経っても出来ないということである。老師は期待していたが今更10年も待てないし、今までの様子では当てにならない。サンフレッチェ連覇など希有なコンテンツだが交通インフラについては、こういう酷い有様だ。どれだけ、他の事でビックアーチが活用されているか謎だが、やはり交通インフラは問題だ。


広島で「おしい」のは、観光資源?いや、交通インフラでしょう

 特にサッカーは開催数も少なく、別な物と組合わせ自活して行かないといけない。


 関西、関東などは私鉄が多く、私鉄を作ると同時に施設やコンテンツを作ってきた。
広島は三角州で土地も狭く小作りで、密集することでその弱点が目立たなかったし(歩いて行ける)、
作る必要もなかったところがある。(よく社会科の先生が言っていたが、広島は特殊だと、駅から街が発展する形ではないのだと)

 
 広島も、もう一伸びするには、交通インフラの整備が課題になってきたという事だろう。
広島市民の鈍感なところだろう。
 
 広島空港も同じ間違いであった。錦帯橋空港に負けそうである。

岩国錦帯橋空港のインパクト:広島空港は月1万人の旅客を失った


 同じ間違いは避けてもらいたい

 県外の人も気軽に来れるような交通インフラが重要だ(特に新サッカースタジアムで他の競技やイベントをするなら)。


是非、サッカー場は交通インフラも同時にセットで建設して欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »