« 遅ればせながら妖怪ウオッチを見る | トップページ | バス湾岸線を活用して一大リゾートを! »

コンビニコーヒーについて2 2015年前半版

前回記事;コンビニコーヒーについて

から時間が経った。
予想通り、コンビニコーヒーは大きな市場となった。

各社ドーナツを導入したり、拡大中である。
状況も変わって来たので再レビューしたい。


以下、2015年 前半版 各社コンビニ・コーヒーの比較。これが老師版ベストなコンビニコーヒーだ!

1位
ファミリーマート FamilyMart ファミマカフェ


味:
前より、雑味が消えて味がクリアになった。良いブレンドではないか?
甘い果物系の香りも感じる。

臭うプラスチック蓋は改良されて無臭になり良くなった。

サービス:
セルフサービスである。
WMFの機器は継続、良い感じだ。

夏はシェイクなどのオプションも増えた。
これは、赤城乳業などが作っているものであり、ちゃんとした味だ。
真中に穴が開いた氷にWMFの機器で熱いミルクを入れてシェイクにする。良いアイディアだ。


菓子類も(ローソンから移籍?)香月堂のアーモンドフローランタンやフィナンシェはモンドセレクションも
受賞し素敵な味だ。

値段:
安くていい

要望:
前回から問題点を解決しクオリティを上げて来た。
ローソンからいい点を模倣し越えて来たところが凄い。
このまま無理が無いように進めてほしい。


2位
ローソン LAWSON マチカフェ MachiCafe

味:
レインフォレスト・アライアンス認証農園産コーヒー豆に変わった。
確かに後味はいいのだが、苦い、苦すぎる。
非常に個性的で、カフェラテに特化したようなブレンドだ。

ここまで個性的にする必要はあるのだろうか?

 ちなみにマチカフェの菓子類は製造元が変わったり全体的にレベルが下がった。ピュアシリーズも消えてしまった。香月堂製造が消えたことも残念。

サービス:
店員が入れてくれるのだが、一部店舗では100円コーヒーS、100円アイスコーヒーSはセルフサービスになっている。

ラインナップも限定品も含めれば、かなりの種類になり店員の負担が大きそうだ。
店舗の時間帯によっては一人(ワンオペ状態)でされていることもあるので可哀想になる。
それだけで渋滞となっている。

値段:
100円のSサイズも出来た。安いが方向性が違うような…。
問題は、この辺りから全体的に品質が落ちた。
2015年ブレンドから持ち直したが、苦みに特化した(カフェラテ特化?)個性的な味になった。

要望:
どうも迷走が見える。

価格面でも;
セブンイレブンなど他コンビニに対して個別に対処しているようで軸がブレている。
(セブンが100円コーヒー?>>ならこっちも!って感じ 客を見ずコンビニ他社を見ているようだ)

サービス面でも;
セルフではなく店員サービスのはずなのに一部店舗では差別みたいに
Sサイズはセルフだったり…。

またラインナップも複雑になりすぎで現場で混乱が見える(前述の一人店員>渋滞など)。
最近は、増量メガアイスコーヒー、400円のパナマ・ゲイシャ(味は良い)まであるのだ!


もっとラインナップを絞り、少々高くても(Sサイズ200円位)
店員サービスでポンタカードで割引辺り(Sサイズ180円)でクオリティーの底上げを図り、
店員、店に負担がかからないよう、どっしりリッチに構えてほしい。机も常備して欲しい。
また店員サービスを継続して欲しいのでマチカフェのある店舗は
基本、店員一人(ワンオペ)はさせないようにして欲しい。なんだか今の状況ではブラック企業風である。

店員にインセンティブ、価格内チップ制、Costco風の会員制(月額300円位とか)も検討してもいいかもしれない。そうでもしないと疲弊するのでは?

ポンタカード割引が無くなった時は簡略化の為?と言っていたが、
現状、どうも簡略化されているとは言い難い。

セブンみたいに規模を求めるのか?個性的に低いシェアで利益率を上げるのか?
良く分からない。店舗によっても悪い意味で状況が違うので(机があったり無かったり、セルフサービス機があったりなかったり)サービス落差が大きい。

対処療法的な戦略ではなく、しっかり軸を持ってほしい所だ。猛省を求める。


3位
セブンイレブン セブンカフェ

味:
味がクリアになった。
軽い香ばしい感じだ。


サービス:
相も変わらず、セルフでシンプル。

値段:
安くていい

要望:
味がかなり改善したが、やっと普通程度。ドーナツなど新機軸も出してくるなど
新しい論理の構築に余念がない。問題はその品質だ。
しかし、この流れは吉野家とかマックとかワタミの流れかな…。
言っては何だが
業界が違うが、100円ならCostcoの100円コーヒーの方が量も質も上。
規模の論理は無情である。先が見えるような気もする。

追記:アイスカフェオレも追加された。厳密にはラクトアイスの氷があり、それに従来通りのセブン方式のドリップ
コーヒーをいれているだけなのでカフェラテではない(カフェラテなら蒸気で泡立てた牛乳にエスプレッソが入る必要あり)。味はまあまあだが所詮ラクトアイスにコーヒーをかけた後味の悪さがある。


以上、他コンビニもレビュー予定。

|

« 遅ればせながら妖怪ウオッチを見る | トップページ | バス湾岸線を活用して一大リゾートを! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27081/61736896

この記事へのトラックバック一覧です: コンビニコーヒーについて2 2015年前半版:

« 遅ればせながら妖怪ウオッチを見る | トップページ | バス湾岸線を活用して一大リゾートを! »