« 2016年10月 | トップページ

MVNOとSIMフリー機を導入

老師です。
明けましておめでとうございます。

今やMVNO花盛り。

老師は早々、MVNOのSIMフリー機に乗り換えている。
なかなか値段も安く、快適でよろしい。

MVNOはb-mobileだったが、個人向けを止めるらしいのでfreetelへ移行した。

使った分だけ安心プランで、音声付き5GB以下なので月々2220円以下である。
一般的なキャリアで6〜7000円かかることを思えばかなり安い(1年間使用で端末代分節約できる つまり割賦などせずとも一括で買えてしまう)。
キャリアは家族割引やポイントなどもあるが、ポイント管理も面倒だし、2年縛りがあり複雑怪奇な料金プランより
ズバリ安く分かりやすいので乗り換えてしまった。(通話が少ないなら特におすすめだ)

ASUSのZenfone5、
家族は、MotololaのMotoG4Plus、AppleのiPhone5Sにしている。

色々な使用法があろうが、ほぼ以下のパターンであろう。
ちょうど家族の要望で色々な設定をしたので記載しておく。

MVNO;Docomo系が無難。SIMフリー機の選択肢が多くなる。
今回は使った分だけ変動し、最安で比較的(SIMは)評判のいいFreetelにした。


1:全部乗り換えてしまう場合(Android)

スペックを言わなければ
色々なMVNOが採用している
ASUSのZenfoneが安定している。2〜3万位。
加入割引もあるので検討されるのがいい。
ただしCPUはSnapDragon採用機が良いようだ。

付属のACアダプター、USBケーブルは値段相応なので
AnkerなどのACアダプターやUSBケーブルに変更することをお勧めする。

2:全部乗り換えてしまう場合(iOS)

iPhone一択になるが、Appleでの直販でSIMフリー版を買うか
iOS10の最新版に対応している(2016年末〜2017年1月現在)なら
型落ちのiPhone5S(Docomo版)がおすすめだ。(OSアップデートの流れ的に2年ぐらいは行けそうだ)
中古で手に入れられると良い(最近はPCショップ等も中古iPhone屋に鞍替えしてきており多数あり状態のいいモノでも2万円程度で多くある)。

オンライン通販では、じゃんぱらが安く検品も確かであり、発送も早い。

3:キャリアのメールを残す場合

デュアルSIM対応のSIMフリー機になる。
現状では、MotoG4PlusとZenfone3となるが、MotoG4Plusを選定した。
MotoG4Plusは3スロットありSDカードと2つのSIMが同時使用できるのが利点である。
また充電もQuickCharge3.0対応なので充電が速い。

これもAnkerのQuickCharge3.0対応充電AC電源が相性がいい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【Quick Charge 3.0】 Anker PowerPort 2 Qui...
価格:2698円(税込、送料無料) (2016/12/6時点)



ケースは米Amazon.comが色々あって便利だ。
Ship to Japanで日本に送ってもらえるものを選ぶと、AmazonJapanや楽天に無いものや、あっても高いものが
買えたりする。


表面仕上げはやや雑だ(小さなゴミあり)。


通話はDocomoFOMA SIM(シンプルプラン)とデータ通信はFreetelのデータSIMでの運用であり
合わせても2000円以内である。

ほぼ設定的には困らなかったが、覚書的に残す。


ドコモメールの”使用する”申請を移行前の元の古い3Gスマフォで繋いでdアカウントのページで行う。
K9MailなどでIMAPで設定できる。
その他のメールアプリからのご利用

”通信サービスなし”表示はFOMA SIMでは仕様上出るようだ(ファームアップに期待)。
SMS無しデータ通信のみのFreetelSIMにSMS設定していたので、そのように出たようだ。
この辺り、名前は初期値で両方共NTTDOCOMOなので名称変更しないと迷う。

FOMA SIMでは元々MotoG4Plusは3Gデータ通信接続不可(ある意味間違ってパケ死しないので良いとも言える)。


参考;
利用シーンが広がって便利――「Moto G4 Plus」のLTE/3G同時待受を試す(ITmedia)

なにぶんにも動きが速い業界なので大変だが、
よく調べ乗り換えられれば非常にリーズナブルに快適な通信環境が手に入る。

皆さんの参考になればと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ