MVNOとSIMフリー機を導入

老師です。
明けましておめでとうございます。

今やMVNO花盛り。

老師は早々、MVNOのSIMフリー機に乗り換えている。
なかなか値段も安く、快適でよろしい。

MVNOはb-mobileだったが、個人向けを止めるらしいのでfreetelへ移行した。

使った分だけ安心プランで、音声付き5GB以下なので月々2220円以下である。
一般的なキャリアで6〜7000円かかることを思えばかなり安い(1年間使用で端末代分節約できる つまり割賦などせずとも一括で買えてしまう)。
キャリアは家族割引やポイントなどもあるが、ポイント管理も面倒だし、2年縛りがあり複雑怪奇な料金プランより
ズバリ安く分かりやすいので乗り換えてしまった。(通話が少ないなら特におすすめだ)

ASUSのZenfone5、
家族は、MotololaのMotoG4Plus、AppleのiPhone5Sにしている。

色々な使用法があろうが、ほぼ以下のパターンであろう。
ちょうど家族の要望で色々な設定をしたので記載しておく。

MVNO;Docomo系が無難。SIMフリー機の選択肢が多くなる。
今回は使った分だけ変動し、最安で比較的(SIMは)評判のいいFreetelにした。


1:全部乗り換えてしまう場合(Android)

スペックを言わなければ
色々なMVNOが採用している
ASUSのZenfoneが安定している。2〜3万位。
加入割引もあるので検討されるのがいい。
ただしCPUはSnapDragon採用機が良いようだ。

付属のACアダプター、USBケーブルは値段相応なので
AnkerなどのACアダプターやUSBケーブルに変更することをお勧めする。

2:全部乗り換えてしまう場合(iOS)

iPhone一択になるが、Appleでの直販でSIMフリー版を買うか
iOS10の最新版に対応している(2016年末〜2017年1月現在)なら
型落ちのiPhone5S(Docomo版)がおすすめだ。(OSアップデートの流れ的に2年ぐらいは行けそうだ)
中古で手に入れられると良い(最近はPCショップ等も中古iPhone屋に鞍替えしてきており多数あり状態のいいモノでも2万円程度で多くある)。

オンライン通販では、じゃんぱらが安く検品も確かであり、発送も早い。

3:キャリアのメールを残す場合

デュアルSIM対応のSIMフリー機になる。
現状では、MotoG4PlusとZenfone3となるが、MotoG4Plusを選定した。
MotoG4Plusは3スロットありSDカードと2つのSIMが同時使用できるのが利点である。
また充電もQuickCharge3.0対応なので充電が速い。

これもAnkerのQuickCharge3.0対応充電AC電源が相性がいい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【Quick Charge 3.0】 Anker PowerPort 2 Qui...
価格:2698円(税込、送料無料) (2016/12/6時点)



ケースは米Amazon.comが色々あって便利だ。
Ship to Japanで日本に送ってもらえるものを選ぶと、AmazonJapanや楽天に無いものや、あっても高いものが
買えたりする。


表面仕上げはやや雑だ(小さなゴミあり)。


通話はDocomoFOMA SIM(シンプルプラン)とデータ通信はFreetelのデータSIMでの運用であり
合わせても2000円以内である。

ほぼ設定的には困らなかったが、覚書的に残す。


ドコモメールの”使用する”申請を移行前の元の古い3Gスマフォで繋いでdアカウントのページで行う。
K9MailなどでIMAPで設定できる。
その他のメールアプリからのご利用

”通信サービスなし”表示はFOMA SIMでは仕様上出るようだ(ファームアップに期待)。
SMS無しデータ通信のみのFreetelSIMにSMS設定していたので、そのように出たようだ。
この辺り、名前は初期値で両方共NTTDOCOMOなので名称変更しないと迷う。

FOMA SIMでは元々MotoG4Plusは3Gデータ通信接続不可(ある意味間違ってパケ死しないので良いとも言える)。


参考;
利用シーンが広がって便利――「Moto G4 Plus」のLTE/3G同時待受を試す(ITmedia)

なにぶんにも動きが速い業界なので大変だが、
よく調べ乗り換えられれば非常にリーズナブルに快適な通信環境が手に入る。

皆さんの参考になればと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ZAURUS SL-C750のiPod化

老師です。

iPod流行の昨今。

ZAURUS SL-C750を
ポッドキャスティングにも活用しようと


ハギワラシスコム コンパクトフラッシュ HPC-CF1GV 1GBを購入した。

Amazonはクレジット以外は代引きしか出来ず
おまけに時間指定できないので嫌いなのだが値段に負けた。

ZAURUS SL-C750でも問題なく認識し動いている。

これで私のザウルスは1GのMp3プレイヤーである。

裏側
hagiwarasyscom
表側
hagiwarasysycom2

このように私の元に届いたものは東芝製のMADE IN JAPANであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Palm CLIE PEG-650C を購入

老師です。

ついにPalm m105の液晶が黒くなり始めた。もうこうなるとm105は限界である。
3年あまり、m105はとてもよく働いてくれた。十分元は取った。
ありがとうと言いたい。

関連記事:
Palm m105 キャパシタ交換

Palm m105キャパシタ交換・作業
       

そこで後継機として、米国Palm社のTungstenE2も考えたが、値段と日本語化の不安から
見送った。

というのも中古で状態の良いCLIE PEG-650Cを見つけたからである。
TrainTime TodoLuncher メモ帳 予定表 辞スパ pook位しか使わないので
割り切って¥13,000で購入した。

clie-peg-t650


コレクション用だったのか新古品なのか、あまり使われていない様子。

CLIEは批判も多く、敬遠していたが、手にとって見るとやはり問題が多い。

-感想-
機種の基本、基盤がなっていない

まず基本の 4つのボタンと上下ボタンが致命的に押しづらく使いにくい。
こういう基本操作は何千回何万回繰り返すのでここまで使いづらいと
もう製品欠陥である。
当時値段が最大2倍以上だったm105以下である。

複雑なインターフェースの「おもちゃソフト」が多く実用度が低い。
付属の辞書は辞スパ以下で、まるで使えない。

ンとソが似ているフォントでンとソが判別不能。
山田氏サイトの修正ソフトで直したが、日本製ハードなのに変な話である)

上記問題を解決しないまま、「デザインだ エンターテイメントだ」などと
強弁したので失敗したのだなと感じられる。
CLIEで行った基本、基盤を大事にしない企業姿勢、企画は本当に”格好悪い”と思う。
後々のSONYの凋落、退廃が見える機種である。(ツボを外している)


きっとCLIE PEG-650Cを買った人は複雑で、面倒と感じたはずである。
1円あたりの機能から比較すると
ずっとm105のほうが簡単で楽に使えコストパフォーマンスが高い。
(同じPalm機でも、こんなに面倒かと思う Palmを長年使ってきた私が感じるのだから
よっぽどである)


こうすれば良くなる

既に終わっているCLIEだが企画者は
以下を行ってから理想を実現すべきだった。


・メモリーを着実に増す。

・バッテリーの駆動時間を増やす。

・新機種ごとに、もっと薄く、もっと軽くする。

・内臓フラッシュメモリー等で単体で自動バックアップを取れるようにする。

・付属させるなら実用的なインターフェースを持ったソフトを添付。

・しゃれたデザインではなく人に優しいユニバーサルデザインインターフェースを目指す。

・ユニバーサルデザインなGUI、フォントを目指す。

以上を”同時に行う事”がツボであり、エレガントに実現できれば世の中の評価も変わっただろう。

残念である。

とは言え
High Resolutionのおかげで画面は見やすい。大きさもm105位と変わらない。
状態が良く1万円位ならm105の後継機種を探している人には良いだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライブドア livedoor スカイプ

ライブドア 残念ながらプロ野球参入とは、ならなかった。
しかし密かにlivedoor(ライブドア)の素晴らしい提携があった。

SKYPE(スカイプ)である。

livedoor版 スカイプ
私も試しに以前導入したが簡単にルーターを越えた。びっくりの手軽さである。
ちなみにヘッドセットは必要。
PLANTRONICS(プラントロニクス) Audio50 Skype(スカイプ)対応片耳式PCヘッドセット [67522-08]「PLANTRONICS Audio50」が、お勧め

skype(スカイプ)は次世代IP電話の本命である。

堀江氏の素早い交渉と提携。
さすがの行動力である。
私も見習いたい。

問題は(以前から言っているが)サポートと信頼性だろう。
ライブドアは、どんどん買収で大きくなった会社。
買収後のサービス安定供給とサポートの問題はユーザーから
永遠と投げかけられるはずである。
何かlivedoor自身からアピールが欲しい所。

ライオンズ買収話も聞かれる現在。

日本は密かに維新に向っている・・・。いよいよネット時代の到来である!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Palm m105キャパシタ交換・作業

うれし恥ずかしキャパシタ交換作業を画像入りでどうぞ。電子工作初心者の老師でも何とか出来ました。
<注意!>
しかし、この作業をしてPalmを壊されても老師は一切の責任を取りません。ご了承の上、参照してください。

palmm105repair1.jpgT5ドライバーを置き祈る。うまくいきますように・・・。

palmm105repair2.jpgこのように先端は特殊。このドライバーでしかm105は開かない。

palmm105repair3.jpgおもむろに開ける。

palmm105repair4.jpgおお錆びている。palmめ安い仕事をしているな!安物だから仕方が無いか。

palmm105repair5.jpg裏はこのような形。落ち着いてやれば外れる。無理はしないこと。

palmm105repair6.jpgカバーは、このような形。銀色の金具は落ち易い。基盤を押さえる金具。

palmm105repair7.jpgはんだを吸い取る。

palmm105repair8.jpgある程度はんだを吸い取ったら、グラグラしてくるのでニッパーで引っぱり剥がす。

palmm105repair9.jpg左が本体に内蔵されていた物、右が新しいキャパシタ。金属板の仕様が異なる。

palmm105repair10.jpg加工して、ビニールコードでくっつける。かなり浮いているが本体内に余裕があるので大丈夫。

新しいキャパシタについている金属板の先端をニッパーで曲げる。曲げた所にビニールコードを挟み、
はんだ付けする。(15~20Wのセラミックはんだゴテでないと電子基盤を駄目にする可能性大。また熱いので注意!)不恰好だが。実用上問題ない。
2~3分電池を入れ充電させた後、30秒くらい電池を外してみる。大丈夫!リセットされない。
キャパシタ病、直りました。中古で安いm105を復活させたり、
駄目元でリセットに困っている人は試してみると良いかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Palm m105 キャパシタ交換

老師はPalm m105を愛用している。

PIMには十分の機能。落としても壊れにくい。トラブルが少ない。電池が一ヶ月大丈夫。
発売当時、機敏に動き、バッテリー問題を克服した実用PDAはpalmしかなかった。

しかし長く使うと問題がある。内蔵のキャパシタが錆びてしまうのである。
老師のm105も同様の問題が起きてしまった。m105使いに共通の悩みである。

どうなるかと言うと電池交換の時、palm本体内のデータが全てリセットされてしまう。
(ちなみに正常な時でも交換は1分以内に行なわないといけない。)
データ復旧させるのに時間がかかってしまうのである。
(この点ザウルスは優秀だ。電池が切れても半永久的にリセットされない。
出た時期が違うので仕方が無いが・・・。ちなみにザウルスのPIMはいまいちである。)

palmの日本法人もどこかに行ってしまい。palmoneの動向も不明瞭。
PDA工房もキャパシタ交換サービスを止めてしまった。

老師も慣れない電気工作でキャパシタ交換に乗り出した・・・。

購入した物

セラミックはんだゴテ 15W
T5ドライバー
精密機械用はんだ
はんだ吸い取り
ビニールコード
電気二重層コンデンサ 0.22F 3.3(キャパシタ)

以上で、ほぼ4000円である。
微妙な価格になってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザウルスsl-c750を購入した

ザウルスsl-c750を購入した。
中古で37000円。Word文章作成用に購入したが素晴らしい。
前機種を見た時、砂時計を見せられたので駄目だと思っていたが、これは機敏に動く。
ザウルスを見直した。


palm m105を持っているが、動作は、ほとんど変わらない。
ここまで進化しているとは感服である。clie(クリエ)ux50より打ち込み易い。
手が痛くならない。UX50はクリックが固すぎて指が痛くなる。

ザウルスの液晶は、さすがシャープ綺麗である。文字も良く見える。少々老師は目が悪いが
十分である。UX50は見難い。
zaurus1.jpg

A5406CAは色々試したが外回り用blog更新専用機になりそうである。
実際にこの文章もA5406CAでメモ帳に書いてtxt変換したものである。
しかし長文は厳しい。デジカメは使える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

A5406CA買う

AUのA5406CA買った。
これから写真の掲載も容易になる。
よいことだ。
パソコンと同期もでき簡易PDA的使い方も出来る。待っていた携帯電話である。

041011_15210001.jpg

さっそくMysync siteも購入し512文字の制限があるがテキスト文章を移してテスト中である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くだらない事

匿名の人はコミュニティを壊す権利を持っているのか?
非常に、くだらない内容である。

終わっています。

「実名の人はコミュニティを壊す権利を持っているのか?」
「実名の人はコミュニティを創る権利を持っているのか?」
「匿名の人はコミュニティを創る権利を持っているのか?」

いずれも答えは出ません。

 こんな権利を持つかどうか。誰にも分かりません。
実名か匿名なのかは実は関係ないと思います。

 こういう題名を作る自体が木村剛さんの限界だと思います。

非常に混乱を招きトラックバックも付き、サイトの露出度は増えるでしょう。
 
結果、この答えは悩む必要も永遠の議論も不要である。

「木村剛さん、トラックバックついてオイシイね」
がこの題名の答えである。


 もう少し有意義に行きましょう。

匿名と実名どちらがいいですか?にしましょうか。
これは”トラックと乗用車どちらがいいですか?”に近い。

「使い分けてください。」
以上。


コミュニティを創るべきですか、壊すべきですか?にしましょうか。
これは”自然”に近い。

「壊れる時は勝手に壊れますし、出来る時は勝手に出来ます」

支配的に管理しようとすれば、時間と労力の無駄に終わるでしょう。
自然は偉大なのです。きっかけを放つくらいしか出来ません。


木村剛さん、反省しましょう。
コミュニティを支配しようとするなら痛いしっぺ返しを食う事になります。


真面目に読んでいる人向けでは

匿名と実名の違いが分からず騒いでいる人や欠点や利点を理解されない人。
言うなればトラックで乗用車の得意な事を無理にしようとする人。
それで不利な事が起きてもしょうがないです。

実名のコミュニティがあってその欠点を理解せず、匿名の意見を
誹謗中傷と騒いでも何もなりません。「リスク戦略が取れていない」

木村さんはまだネットに慣れていない。
例えば、経済の仕組みを知らないで財務のコンサルタントが出来るのか?と
言う事と同じである。気軽に投資をしたら、問題が起きるのと同じである。
気軽に実名blogでも同じである。いくら木村さんが経済に明るくてもネットはまだまだである。
馬鹿にしすぎである。
脇が甘いとしか言えない。

木村さんはblogを続けるならネットに関する良いコンサルタントに相談を受ける体制を作った方が良い。
又は既にコンサルを受けているなら、悪い事は言わない早急に担当を変えるべきである。


また「H」さんは実名であるなら、「木村さんの記事」を上げるのは慎重でなくてはならない。
それで反応が悪く、変な意見が来て
受け止められなくて精神的に参る、被害を受ける。「木村さんの記事」を
支えられないのなら、それは止めれば良い。
(「H」さんは木村さんではないのだから、木村さんの尻拭いまでする必要は無い)

木村剛さん関係の過去ログも消して良い。

ここで「ちょっと待ってくれ!」と問題定義するのは
継続的に困る木村剛さん、”だけ”である。(ここが重要)

それは「H」さんは、ちょっと泣くかもしれないが
明日からご飯が食卓に上がらなくなる、命の危険が出る。そんなことはないのである。
閲覧者も同様である。

まずは、木村剛さんは、他人が木村さんの記事を上げること話題を上げることにより
記事を上げた人に対して批判より利点が高まる仕事をしないといけない。

「ああ木村剛さんの記事を載せると良い人ばかり訪れてくれる」

そうならなくてはいけない。

そうしないと木村剛さんの食卓に、ご飯は必然的に上がらなくなるのである。
この一連の騒ぎは「最終審判」であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)