ひろスポ!掲載 サッカースタジアム問題アンケート

ひろスポ!

老師投稿の意見を掲載していただいた。

サッカースタジアム建設希望場所は何度やっても旧広島市民球場跡地が中央公園にダブルスコア勝ち…第6回アンケート発表

当blogでも載せておきたい。

>>

金色老子と申します。


 旧広島市民球場跡地を推します。

 現状でも中央公園もイベント広場として使われており
どちらにしても周辺住民権利者の利害対立は避けられないと思います。

 市営アパートの住民も元々中央公園が出来る前に住んでいた人々で
市民憩いの場の公園として整備するということで立ち退いたのだろうから
有料のサッカー、負の対価の騒音に耐えられるか不安です。
そういう戦後を生き抜いてきた人々の抵抗は大きいと思っています。
新たな市民球団が古くからの市民一人ひとりと対立する図式は筋が悪いです。
ひいては若年層と年配の層との対立となりサンフレッチェが火種の中心になるようでは
サンフレッチェ、EDION会長が厄介者に見えてしまいます。
またダイイチか!って言われてしまいます。

 市民球場跡地か宇品となったのだから
素直に市民球場跡地で進めればいいのです。
利害関係者も業界関係者のみでしょう。
平和公園側から見ても商工会議所は黒くて目立つ。 

ひろスポ!さんは市民球場押しで行くようですが、原爆ドームの空中回廊案
なんてものは、まだ望まれていないようなので変なプランナー案を出すのは
控えられたほうがいいです。あれは改修時反対が多かった案です。


まずは、会長やひろスポ!さんがやる事は、
年配の層にささる緊急発売でもいいから
本を店頭に平積みで並べることです。
”だから市民球場跡地にサッカースタジアムを作りたい!”
というような直球の内容で。

年配の人は、まだまだネットは見ない。この辺りの訴求が低いと思います。


加えて、ひろスポ!さんで進めることはインフラとスポーツ施設の関係でしょう。
広島はコンパクトシティで歩いていける土地柄なのでインフラと設備がセットで考える力に他県と比べ劣るようです。設備と私鉄がセットだとか、交通インフラとセットそういう論議にすべきです。

今回の中央公園案を見ると広島の悪い落とし所を見るようで
双方痛み分けで県中間に設置した広島空港みたいです。
結局どこからも遠い、途中のインフラは後回し。

結局、皆困るではダメなのです。発想が内向きで小さいです。
コンパクトシティーは良いですが発想まで小さいのはいけません。

そもそも広域公園がダメだったのはアストラムが環状運転していなかった
大量輸送に向いていないことが大きな原因なわけです。
高速道路の環状線もない。

この点をもっと突くべきです。より広島のスポーツや街づくりが発展するためにも。
盛んになればなるほど不便になり結局中心部にコンパクトにまとまろうとする
広島の悪いところです。それか、僻地にインフラ無しで放り投げ。


PS;老師は第3の案なら広島港五日市地区(八幡川河口埋立地)にスタジアムで
アストラム延長;新駅を同時に作る案にしたかったのだが。


>>

しかし、まあ〜送ったそのまま即掲載された。何ともロックな感じな編集者で急進的なマガジンである。
危なっかしい所もあるが、道を外れないか見守っていきたいところ。

老師の意見は一貫している。交通インフラとセットにせよということだ。

関連記事;サッカー場は交通インフラも同時にセットで建設すべき

今回、第三の案ならと五日市案も載せてみたが
宇品と、どちらかなら本命は市民球場跡地だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サッカー場は交通インフラも同時にセットで建設すべき

老師です。

Twitterでも述べたが、サッカー場の設定が大詰めのようだ。

しかし、ビックアーチもそうだが、広島がコンパクトシティーであるがゆえに、軽視されて来た
交通インフラの問題が大きくなって来ているように思う。


J1で2連覇のサンフレッチェ広島、スタジアム構想は「ゴール」ならず!?第12回サッカースタジアム検討協議会

サッカースタジアム建設 広島で早期実現を!

全く遅い。

また魅力的なコンテンツと言ってもそうは無いし、目新しい物も少ないし仮に施設に魅力があっても、人が来なければ意味がないのである。


延伸ルート決まるも、開業見込みは13年後?

 先に施設を作って、それから交通インフラを待つようではいつまで経っても出来ないということである。老師は期待していたが今更10年も待てないし、今までの様子では当てにならない。サンフレッチェ連覇など希有なコンテンツだが交通インフラについては、こういう酷い有様だ。どれだけ、他の事でビックアーチが活用されているか謎だが、やはり交通インフラは問題だ。


広島で「おしい」のは、観光資源?いや、交通インフラでしょう

 特にサッカーは開催数も少なく、別な物と組合わせ自活して行かないといけない。


 関西、関東などは私鉄が多く、私鉄を作ると同時に施設やコンテンツを作ってきた。
広島は三角州で土地も狭く小作りで、密集することでその弱点が目立たなかったし(歩いて行ける)、
作る必要もなかったところがある。(よく社会科の先生が言っていたが、広島は特殊だと、駅から街が発展する形ではないのだと)

 
 広島も、もう一伸びするには、交通インフラの整備が課題になってきたという事だろう。
広島市民の鈍感なところだろう。
 
 広島空港も同じ間違いであった。錦帯橋空港に負けそうである。

岩国錦帯橋空港のインパクト:広島空港は月1万人の旅客を失った


 同じ間違いは避けてもらいたい

 県外の人も気軽に来れるような交通インフラが重要だ(特に新サッカースタジアムで他の競技やイベントをするなら)。


是非、サッカー場は交通インフラも同時にセットで建設して欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンフレッチェ優勝おめでとう!

老師です。

サンフレッチェが優勝した。厳しいことも色々書いたがめでたいことだ。

パレードも盛大にあった様子(老師も行きたかったが体調が悪く行けなかった)。

来年はACLもあるし楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンフレッチェにナンバ走りをお勧め

老師です。

密かにサンフレッチェを応援しているのだがサンフレッチェは惜しい。
ナビスコ杯の決勝まで進めるのだからもっと安定度が欲しい。

ゴールをぎりぎり割れない決定力の弱さ。
それと玉砕病も相変わらず。


トラップは良くなった。少し粘りが出たようだ。

ここでプラスアルファ。

しかし
DFでは
相手を追い切れなかったりサポートできなかったり
ファールを犯さずにいられなかったりする。
FWでは
わずかにゴール上方向にボールがそれるのは
日本人の場合、骨盤が上を向いている場合が多い。
一歩遅れるのも
また故障が多いのもそのせいだ。

サンフレッチェは上下運動が多いのだから、走り方にも工夫がいる。
スパイクも工夫がいるのかも。

ここでナンバ走りを薦めたい。



 これなら骨盤も上に向かずボールも抑えられる。
走力も維持しやすい。江戸時代の人は今の人より平均身長が低いのだ。よりスピードは出るはずだ。

 走り方は足を高く上げるのではなく地面に押し付ける感じだ。
実際試すと走力は良くなる。

 いざという時にナンバ。お勧めしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンフレッチェ轟沈!

サンフレッチェ広島を観戦に行った。

雨で警報が出ている中、出向いたが、
セレッソ大阪に0-5の大敗

 良い試合をしてるのも知っていたしワールドカップ明けで最初のホーム。休養も十分、素晴らしい試合をしてくれるのではと期待したがオウンゴールあり退場あり。これっぽっちも、いいところありませんでした。

これは酷い試合だった。

 今のサンフレはバランスが崩れると玉砕モードになる。その原因としては技術的余裕がなくて、ちょっとした事で
ガタガタに崩れることだ。デリケート過ぎる。

 このスタイルを貫くには、もっと上のキック精度やキープ力、体から離さないトラップが必要だろう。とにかく大事なのはトラップ。1万回ぐらい動きながらの体に吸いつくトラップ練習をして欲しい。それで守備も攻めも安定する。

 どうも反らすようなトリッキー動作が多くて軽薄、ボールを待ってる殿様が多いようだった。上から俯瞰するような自らがそれぞれ良い位置に動く想像力に欠けていた。ミキッチも良くはなかったが周りが地蔵で可哀そうだった。

Sanfrecce

 まだ前半は、完全に押し込むこともあり良い感じ。このまま圧倒できそうな雰囲気。しかし、人が連動して動かなく違和感あり。ブブゼラが散発的に聞こえるが、そこまでうるさくない。口笛のほうがうるさかった。

 ロスタイムで退場あり。まったく危ない決定的な状況ではない中盤の小競り合いだった。何をしているのか!状況判断と戦術理解が日本人には欠けているとよく言われるがその通りである。無理をする必要のない場面であり、キープすればよいことだった(出来ないのか?)。

Sanfrecce2

 青山入って、後半、青山応援し始めに失点。雨も降り始めて後半ボコボコに。特にオウンゴールはキーパーも動けない凄い吸い込まれ方だった。キーパーはドリンク投げて切れる。後は、失点時あーという観客の声のみ。あっという間に0-5。


Sanfrecce3

 最後に熱心なサポーターは拍手(優しすぎるぞ!)。別のチームは怒るサポーターがいるが広島はいないように一見見える。
とんでもない。
一般広島人は絶対零度化がある(後述)。


Sanfrecce4

 帰りながら、ぼそぼそ文句が聞こえた。

「動きが悪い」
「オーストリアでなにしとったんじゃ遊んどったんじゃないか」
「彼らもワールドカップ見とったんじゃないのか」
「わしらは何しに来たんじゃ」

こういう文句も小声で帰りは恐ろしいくらい皆静かだった。一般広島人はフーリガン化はしないが、これでは広島人は最悪の行動をとるかもしれない。そう、誰も来ない(広島人は熱しやすく冷めやすいのだ!)。
絶対零度化である。

サンフレッチェの選手は猛省して欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バスセンターから見た広島市民球場

広島では
市民球場はこのようにバスセンターと併設されている。

バスで帰るときに歓声が聞こえればカープの優勢を感じ帰途に着く。
これが標準的な広島市民である。
(そんなにいつも熱狂的ではない)


さて今日は千葉ロッテが来ており、そのせいか声援がいつもより大きくにぎやかだった。
(ロッテの応援は歌みたいだね)

今年のカープ戦力では交流戦ではオリックス、ソフトバンク、ロッテ位しか勝てないと
思われる。

何とか今日は勝ったようで、めでたい。

徐々に調子を上げて3位以内を目指して欲しい。


Carpbaseballpark

Carpbaseballpark2


Carpbaseballpark3


Carpbaseballpark4


写真では見難いが、バスからはスタンドの人の頭や球場内部が一部見えたりする。

この風景も今年までである。来年は新球場だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野村2000本安打その2

広島駅前、福屋の時計はこのように装飾されている。
nomura200-2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

野村2000本安打

野村2000本安打で広島市民球場は人が多かった。
皆さんニコニコ顔である。めでたい。
nomura2000


| | コメント (0) | トラックバック (1)

広島カープ 前田 脱天才宣言

広島カープ 前田 脱天才宣言

広島の各所に張られているポスター である。
怪我をしないのも実力ですね。体調管理を気をつけて欲しい。
広島のキャンプは今まで食事は弁当だったらしい。これでは体を作る時期に良いはずはない。
今年から温かい作りたて食事になったことで全体的な怪我の減少になったと思われる。
食事は大事だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ライブドアVS楽天 仙台プロ野球

老師です。

ライブドア(livedoor)と楽天市場が仙台で競合してしまったようだ。

どちらの企業もネットを利用する人にはなじみがあると思う。
テレビとかで、お年寄りのコメンテータがたどたどしく、「らいぶどあ~」「らくてん」と
言うのを見るとテレビが絶対的主役の時代は終わったなと思う。

彼らテレビ関係の人間が思っているよりネットの存在感は大きくなっていたのだ。
それを声を大にして言えない所が彼らの悩みだと思う。今までのTVレベルでは対立するメディアだからである。

さて
ライブドア、先に声をあげたのは良かった。決断力の速さ、変わり身の早さが良く出た点であり一勝。
楽天、ネットで誰もが持つショッピングの不安を取り除いた功績を持ってきた、今回もJリーグ運営実績など安心度でジワジワと一勝。

老師はこの時点では勝負は五分だと見た。

 ライブドア(旧エッジ)はその動きの速さ、危うさが回りを不安にさせる。(ライブドア近鉄買収が、うたかたの夢となった大阪近鉄ファンは絶対そう思っているはずである)そこをいかにフォローするか。楽天を超える安心感、重厚感を具体的に出していけるのか。

 楽天は安心感でバッチリだが、大義に欠ける。ベガルタ仙台との関係をどうするの?実は楽天が運営するヴィッセル神戸でトルコで有名なストライカー、イルファンを獲得したのは良いが、故障で出場せず、あまり成功していると言えない。(スポーツのリスク対策が出来ていない事を露呈した)素直に神戸か四国で球団持てば大義もあり完璧だったのにね。四国の坊ちゃんスタジアムが泣いているぞ。


第一ラウンドは互いの良い所で相手の急所を突き、1勝1敗。

今後は自分の弱点を強みに変えられるのか?そして相手の長所を超えられるのか?にかかっていると思う。

頑張って欲しい。

 それにしても広島・・・。秋葉知事、街が寂れていくよ。球団があっても必ずしも経済効果が上がる
わけではない証拠がここにある。広島も良いベンチャーが支援してくれないだろうか。
案外、広島保守王国なのです。
カープの島(赤ゴジラ)はイチロー以来の200本安打だよ!でも盛り上がらない。困った物だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)